ホーム > 社会基盤 > 河川・砂防 > 河川・海岸の整備 > 平成22年6月19日の大雨に対する川辺ダムの効果

更新日:2010年9月7日

ここから本文です。

平成22年6月19日の大雨に対する川辺ダムの効果

 川辺ダム周辺では,平成22年6月17日午後9時頃から雨が降り始め,しばらく小康状態が続きましたが,19日午前5時頃から雨量が増えてきました。

 その頃から次第にダムへの流入量も増加し,午前6時10分には洪水量(40m3/秒)を超えたため,洪水調節を開始しました。

 午前6時50分には76m3/秒の流入量のピークを迎え,午前9時50分には流入量が洪水量を下回ったことから,洪水調節を終えています。

 ダムがなければ,ピーク時で76m3/秒の洪水が下流に流れていたものを,ダムで36m3/秒に相当する量を貯蓄し,下流へは40m3/秒しか流さないようにできたことになります。

川辺ダムへの流入量と放流量
○洪水量とは?

 ダムの流入量がある基準の水量を超えれば「洪水量」と呼ばれ,具体的な数値で決められています。

 その基準としては

  (1)下流河川に影響がない流量

  (2)下流河川において決められた水位に対する流量

 などを考慮して決定しており、川辺ダムの場合は40m3/秒としています。

○洪水調節とは?

 ダムに入ってきた洪水を一時的に貯水池に貯え,ダムからの放流量を少なくすることです。

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

土木部河川課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?