ホーム > 危機管理・防災 > 災害に備えて > 災害に備えて > 火災災害への備え(1)

更新日:2007年12月17日

ここから本文です。

火災災害への備え(1)

初期消火

1 早く知らせる

●「火事だ」と大声を出し、隣近所に助けを求める。声が出なければ、やかんなどを叩き異変を知らせる。
●自分だけで消そうと思わない。
●小さな火でも119番に通報する。当事者は消火を行い、近くの人に通報を頼む。

2 早く消火する

●出火から3分以内が消火できる限度。
●普段から消火器の使い方に慣れておきましょう。
●消火器が身近にない場合、座布団で火を叩く、濡らした毛布で火を覆うなどの方法も有効です。

3 早く逃げる

●出天井に火が燃え移ったら、ためらわらずに避難する。
●避難するときは、燃えている部屋の窓やドアを閉めて外へ出る。
●煙を吸い込まないように注意する。

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

危機管理防災局危機管理課防災対策室

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?