ホーム > 危機管理・防災 > 災害に備えて > 災害に備えて > 火災災害への備え(2)

更新日:2007年12月17日

ここから本文です。

火災災害への備え(2)

いろいろな消火方法

初期消火では消火器を使うのが安全・確実ですが、手元にない場合には次のような方法でも消火できます。

  • ※天ぷらなべ、石油ストーブ、電気器具などは、消火器で消すのが安全です。

紙・木材・衣類

  • 水をかけて消します。

天ぷらなべ・石油ストーブ

  • シーツを濡らし、軽く絞って手前から覆います。
  • 完全に消えるまでめくらないこと。

カーテン・ふすま

  • 火が天井に燃え広がってしまうと初期消火は困難です。
  • カーテンは引きちぎり、ふすまは蹴り倒してから消火します。

電気器具

  • 感電の恐れがあるので、まずコンセントを抜いてから消火します。

ふとん

  • ふとんは一度消えたと思っても消えていない場合があります。
  • 十分に水をかけてから屋外に出します。

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

危機管理防災局危機管理課防災対策室

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?