ホーム > 地域振興局・支庁 > 熊毛支庁 > 産業・労働 > 農業 > 普及情報 > 屋久島農業の動き(平成30年4月~平成31年3月)

更新日:2018年7月10日

ここから本文です。

屋久島農業の動き(平成30年4月~平成31年3月)

6月

6次産業化の支援方策について検討

6月15日,屋久島事務所会議室にて屋久島自然の恵み販売拡大協議会専門部会が開催され,町農林水産課・商工観光課,漁連関係者7名が出席しました。今年度は,担当者レベルでの専門部会を充実させ,総会に提案し,活動していくこととなりました。協議会活動については,関係機関団体と連携を図り,それぞれの支援方策を活用しながら,活動をすすめていくこととなりました。当課としては,研修会の実施や,個別ニーズに応じた相談会等支援をしていきます。

原園芸組合夏季研修会「たんかんの連年安定生産対策や産地活性化」について研修!

6月21日に,原地区の園芸組合夏季研修会が開催され,生産者24名を含む33名が出席しました。研修会では当面の管理作業の他,農業専門普及指導員によるたんかんの連年安定生産対策や,気候変動の影響と対応,産地活性化に向けた取り組みについて研修を行いました。生産者からは会が終わった後も活発な質疑があり,大変参考になる研修になったようでした。原地区は集落営農のモデル地区に位置づけており,今後も生産安定や産地活性化を支援していきます。

肉用牛飼養管理の改善に向けた巡回指導を開始

町・JA・当課からなる屋久島町農林技術員連絡協議会畜産部会では,6月から規模拡大志向農家2戸を選定し,指導班による飼養管理の改善に向けた巡回指導を開始しました。第1回は,子牛の発育調査や飼養環境の点検を行い,農家・関係者と改善に向けた相互検討を行いました。今後は月1回の開催を計画しており,技術面だけでなくコスト削減等も考慮した経営面からの支援も行っていきます。また,改善による成果については,研修会を通して地域へ波及していきます。

5月

平成29年度産輸送野菜販売実績

5月1日,JA種子屋久屋久島支所の平成29年度産ばれいしょ・実えんどうの反省会が開催され,生産農家等25名が参加しました。ばれいしょは疫病の発生もなく,増収となり533tの出荷量でした。一方,実えんどうは「まめこぞう」に統一した初年度で,台風や季節風により枝折れ等が発生しましたが,出荷先からは「食味が良く品質が高い」と好評でした。今年度は,実えんどうの生産安定対策について重点的に取組む予定です。

JA種子屋久屋久島パッション部会総会開催

5月2日,JA種子屋久屋久島パッション部会総会が開催され35名が出席しました。平成29年度の出荷数量は前年比157%の14.5tと増加しました。パッションフルーツは夏季の収入源として期待されており,ぽんかん・たんかんに続く重要な果樹品目となっています。今年度はマルハナバチによる授粉作業の省力化実証に取り組んでおり,今後実績検討と波及に取り組んでいきます。

一番茶互評会を開催

5月11日に,屋久島町一番茶互評会が開催され,町茶業振興会会員13名を含む計19名が参加しました。審査員からは,本年は全県的にカサツキを感じる荒茶が多かったが,屋久島については収量重視の中でもよく製茶できていると評価されました。会に併せて,農林普及課から農作業事故防止対策について,主に刈り払い機を使用する際の注意点と,熱中症対策について説明を行いました。

簿記記帳グループで総会および研修会を開催!

5月12日,簿記記帳グループ「屋久島町アグリネット」(会員数44名)は,総会および研修会を開催し,関係機関を含め23名の参加がありました。研修会では,当課よりパソコン簿記の次年度更新や仕訳上の留意点の他,来年から開始される収入保険制度や,労災保険の特別加入等についての説明を行いました。アグリネットでは,簿記記帳会や税制研修会が計画されています。今年度も関係機関と連携して,経営改善につながる経営支援を継続していく予定です。

JA種子屋久屋久島支所果樹販売実績

平成29年度のJA種子屋久屋久島支所の果樹販売実績は,ぽんかん,たんかんが裏年傾向であったことや,度重なる台風襲来による落果等が発生し数量減となりました。今年度産は,たんかんの開花量が多く,関係機関と連携した研修会等を通じ,高品質果実生産に取り組んでいきます。

4月

平成30年産茶が生産開始

屋久島産一番茶が3月28日からスタートしました。2月中旬以降,気温が高めで推移したため,前年に比べ16日(前々年より7日)早いスタートとなりました。好天に恵まれ良質の生産となっていますが,リーフ茶需要減少の影響等により,厳しい相場展開となっています。生産者からは,「厳しい年は何度もあったが乗り越えてきた。経営の基礎となる茶園管理は妥協せずに取り組もう。」と前向きな声が聞かれます。今後も,経営・生産両面から支援を継続していきます。

屋久島生活研究グループがんばってます!

4月12日,屋久島事務所の会議室にて会員17名のうち10名が参加し,総会および研修会が開催されました。研修会では,手作り料理を持ち寄り,各グループの活動状況を交換しながら交流を行った後,屋久島事務所職員を対象に展示・即売会を実施し,大変好評を得ました。4月22日に屋久島町ふれあいセンターで開催された「屋久島ふるさと産業祭り」にも出展し,地域活性化に貢献しました。今後もグループ活動を支援していきます。

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

熊毛支庁屋久島事務所農林普及課

電話番号:0997-46-2236

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?