更新日:2017年3月25日

ここから本文です。

聖フランシスコ=ザビエル像

神戸市立博物館蔵【写真】

「聖フランシスコ=ザビエル像(複製)」写真画像

「伝・貴久,ザビエル会見の地(宇治城跡)」写真画像


伝・貴久,ザビエル会見の地(日置市伊集院町一宇治城跡)

イエズス会宣教師・フランシスコ=ザビエルは,天文18(1549)年8月15日マラッカで出会った鹿児島人ヤジローをともなって鹿児島に上陸し,日本における布教の第一歩を印した。ザビエルは一宇治城(一説に,国分の清水)に島津貴久を訪ね布教の許可を得たが,仏教勢力の抵抗や,貴久が布教に熱意を示さなかったこともあって1年余りで鹿児島を去った。
南蛮貿易を望む貴久はザビエルの来鹿を求めたが,彼は再び鹿児島の地を踏むことはなかった。ザビエルは来日して2年後,鹿児島人信者ベルナルドをともなって日本を離れたが,中国の寧波で客死したと伝えられている。ザビエルが本国に書き送った多くの書簡には当時の鹿児島人の生活ぶりが詳しく綴られている。

展示に関する情報

現在「聖フランシスコ=ザビエル像(写真)」は展示してありますが,「伝・貴久,ザビエル会見の地」はパネル展示等してありません

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

歴史・美術センター黎明館総務課

電話番号:099-222-5100

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?