ここから本文です。

鉄砲とキリスト教の伝来

文12(1543)年,ポルトガル人を乗せた中国船が種子島に漂着した。

のとき,島主の種子島時堯はポルトガル人から鉄砲を入手し,その操作法と製法を家臣に学ばせた。

砲はやがて堺商人らの手により全国に普及し,戦国大名の主要な武器となった。

砲伝来から6年後の天文18年,薩摩のヤジローに案内されたイエズス会宣教師フランシスコ=ザビエルが鹿児島に上陸した。ザビエルは,島津氏15代当主貴久の許可を得て,鹿児島で日本におけるキリスト教布教の第一歩を印した。

のように,鉄砲とキリスト教に代表されるヨーロッパ文化はいずれも鹿児島の地を窓口として伝来したのである。

よくあるご質問

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?