更新日:2017年3月25日

ここから本文です。

三州割拠図

〔個人蔵〕黎明館寄託

「三州割拠図」画像


三州割拠図は,大永6(1526)年から文禄4(1595)年にいたる島津氏の政治的発展の跡を記した絵図である。この図は江戸時代に,島津家に伝存する原図を写したものである。
この図は,天正元(1573)年の状況を示し,島津氏が大隅国統一の仕上げとして肝付・伊地知氏攻略を目前にしたときのものである。島津氏は,前年の元亀3(1572)年2月に,大隅で肝付(きもつき)氏と組んで島津氏に抵抗していた禰寝重長(ねじめしげなが)を降服させた。これにより,大隅国で島津氏に抵抗する勢力は肝付氏・伊地知(いじち)氏のみとなった。

展示に関する情報

現在展示してあります(パネル展示)

 


よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

歴史・美術センター黎明館総務課

電話番号:099-222-5100

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?