ここから本文です。

島津氏の三州統一

文19(1550)年に島津貴久が15代当主の地位を確立したころは,北薩には菱刈氏や渋谷氏が,大隅には肝付・伊地知・蒲生氏が,日向には伊東氏が勢力を張り,島津氏の勢力範囲は薩摩国の半分程度だった。

久は子の義久や義弘を率いて本格的な三州統一に乗り出し,蒲生合戦や菱刈合戦,伊東氏と戦った木崎原の戦いで勝利を得,天正2(1574)年,最後まで抵抗した肝付氏を降服させ,同5年には伊東氏を日向から追って念願の三州統一を完成した。

よくあるご質問

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?