更新日:2017年3月25日

ここから本文です。

朝鮮国禮曹佐郎黄到誠復書

【国宝】

東京大学史料編纂所蔵【複製】

「朝鮮国禮曹佐郎黄到誠復書(複製)」画像


島津伊久(しまづこれひさ)が応永2(1395)年に倭寇(わこう)が連れ帰った朝鮮被虜人を送還したのを始めとして,薩隅日三州の諸領主は朝鮮国に頻繁に遣使し,交易を展開した。「海道諸国紀(かいどうしょこくき)」には朝鮮と通交した三州の諸領主の名前が細かに記されている。
この史料は,天正19(1591)年,朝鮮国礼曹佐郎黄致誠が島津武久(忠昌・ただまさ)に宛てた復書で,武久が礼物を贈ったことに対する返礼として正布や白芋布を下すことを伝えている。
天正19年当時の島津家当主は義久であり,この復書の宛名・忠昌は,義久よりも5代前の当主に当たる。このような例は他にも見られ,旧来慣用された名をもって遣使することが便宜であったことをうかがわせる。

展示に関する情報

現在展示してあります

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

歴史・美術センター黎明館総務課

電話番号:099-222-5100

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?