ここから本文です。

大陸との貿易

13世紀後半の元寇の後大陸との正式な外交関係が樹立されなかったので,倭寇と呼ばれる海賊衆が活躍したが,大陸と近い南九州沿岸,とくに薩摩半島の坊津などは中国・朝鮮にも知られた倭寇の根拠地だった。

明・日朝貿易は15世紀のはじめ将軍足利義満により開かれた。

津氏はその地理関係からこれらの貿易に深く関わってきた。とくに,細川氏と大内氏の対立により,貿易の航路が南海路に変わったために遣明船の警固など島津氏の役割はさらに増大した。

津氏は独自に遣明船を出したりするなど積極的に日明貿易を展開した。安土桃山時代には琉球との貿易も活発に行った。

 

よくあるご質問

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?