更新日:2012年8月9日

ここから本文です。

討幕の密勅

〔個人蔵〕黎明館寄託[複製]

「討幕の密勅(複製)」画像


西郷隆盛,大久保利通らは,岩倉具視らと武力倒幕を計っていたが,慶応3(1867)年10月14日,薩摩藩と長州藩に対して討幕の密勅が下された。この密勅は岩倉が発案したものといわれ,正親町三条実愛(おおぎまちさんじょうさねなる)が自邸で大久保に渡したもので島津久光・茂久(忠義)父子あてに13日付けで書かれている。
その内容は,徳川氏の非道を述べたあと,「汝宜しく朕の心を體し,賊臣慶喜を殄戮(てんりく)し,以て速かに回天の偉勲を奏して生霊を山嶽の安きに措け。これ朕の願い,敢て或は懈(おこた)るなかれ。」と結んでいる。
なお,同様のものが14日付で長州藩にも渡された。

展示に関する情報

現在展示してあります

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

歴史・美術センター黎明館学芸課

電話番号:099-222-5100

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?