更新日:2012年3月2日

ここから本文です。

陶器製手榴弾

「陶器製手榴弾」画像


手で投げる小型の爆弾を手榴弾というが,戦争の長期化は鉄不足をきたし,代用として陶器製の手榴弾が登場した。展示品は鹿屋市串良町の旧陸軍飛行場跡だった畑の中から,昭和57年1月に発見された。

展示に関する情報

現在展示してあります

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

歴史・美術センター黎明館総務課

電話番号:099-222-5100

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?