更新日:2012年8月9日

ここから本文です。

寺田屋事件で使用された刀

〔個人蔵〕黎明館寄託

「寺田屋事件で使用された刀」画像


文久2(1862)年4月23日,京都伏見の寺田屋において,薩摩藩尊攘派志士有馬新七らが弾圧された。有馬新七らは,久光の公武合体に対し,久光上京を機に挙兵討幕を企て,まず関白九条尚忠(ひさただ),京都所司代酒井忠義(ただあき)の殺害を計画して寺田屋に集結した。これを知った久光は,奈良原繁ら9人を派遣して鎮撫した。
この事件で奈良原繁が使用したのがこの刀で,歯こぼれから事件の激しさが想像できる。

展示に関する情報

現在展示してあります

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

歴史・美術センター黎明館学芸課

電話番号:099-222-5100

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?