ここから本文です。

倒幕への道

老井伊直弼が安政の大獄を断行したため,桜田門外の変が起こった。

津斉彬の意志をついだ島津久光は,寺田屋事件を処理し,幕政を改革して公武合体運動をすすめようとした。このため薩摩藩は,尊王攘夷派の長州藩と対立した。

摩藩では薩英戦争後に,長州藩では,四国連合艦隊に下関を砲撃されて以来,尊王倒幕へと藩論が変わっていった。

のような情勢の中で,薩摩・長州の両藩は軍事同盟の密約を結び,倒幕の運動をつよく推し進めるようになった。

よくあるご質問

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?