ホーム > くらし・環境 > 環境保全 > 化学物質対策 > ダイオキシン類 > 平成30年度ダイオキシン類の設置者による測定結果

更新日:2019年9月19日

ここから本文です。

平成30年度ダイオキシン類の設置者による測定結果

ダイオキシン類対策特別措置法に基づき,特定施設の設置者が平成30年度に実施した測定結果の概要は,次のとおりです。

廃棄物焼却炉の設置者による測定結果の概要

1.排出ガス(対象施設119施設,うち報告施設117施設(実施率98%))

  • 排出ガスの測定結果(117施設)は,0ng-TEQ/m3N~8.4ng-TEQ/m3Nの範囲にあり,2施設で排出基準を超過した。1施設は,改修が行われるまで施設の稼働を停止している。1施設は,改修後,令和元年5月に再測定を実施し,排出基準に適合することを確認した。
  • 2施設が更新又は改修により測定ができず未報告であったが,1施設は,更新に伴って平成30年度中に廃止しており,1施設は,改修が終了し,令和元年10月中に測定予定である。

2.ばいじん(対象施設89施設,うち報告施設87施設(実施率98%))

  • ばいじんの測定結果(87施設)は,0ng-TEQ/g~19ng-TEQ/gの範囲であった。
  • 2施設が更新又は改修により測定ができず未報告であったが,1施設は,更新に伴って平成30年度中に廃止しており,1施設は,改修が終了し,令和元年10月中に測定予定である。

3.焼却灰(対象施設112施設,うち報告施設110施設(実施率98%))

  • 焼却灰の測定結果(110施設)は,0ng-TEQ/g~0.43ng-TEQ/gの範囲であった。
  • 2施設が更新又は改修により測定ができず未報告であったが,1施設は,更新に伴って平成30年度中に廃止しており,1施設は,改修が終了し,令和元年10月中に測定予定である。

4.資料

設置者による測定結果(廃棄物焼却炉)(PDF:305KB)

廃棄物焼却炉以外の設置者による測定結果の概要

1.クラフトパルプの漂白施設の排出水(対象施設1,うち報告施設1(実施率100%))

  • 排出基準値以下であった。

2.資料

設置者による測定結果(廃棄物焼却炉以外の施設)(PDF:56KB)

 

よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

環境林務部廃棄物・リサイクル対策課

電話番号:099-286-2594

環境林務部環境保全課

電話番号:099-286-2624

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?