閉じる

  •  
 
 

閉じる

 
 

更新日:2022年9月22日

ここから本文です。

鹿児島県の医師の現状

医師数の推移

  • 県全体の医師数(令和2年)は,4,653人であり,平成30年と比較して108人増加しています。
  • 人口10万人当たりの医師数(令和2年)は,全国平均より23.8人多くなっています。

10万対

都道府県毎

医師の偏在の状況

  • 本県においては,離島・へき地を多く有するなどの地理的要因等もあり,地域間・診療科間の医師の偏在が見られます。
  • 人口10万人当たり医師数(令和2年)は,県平均が293.0人と全国平均を23.8人上回っていますが,これを二次医療圏毎にみると,鹿児島医療圏を除き,いずれも全国平均を下回っています。また,最大の鹿児島医療圏と最小の曽於医療圏では3.6倍の格差が生じています。
  • 出生千人当たり産科医数(令和2年)は,13.7人と全国平均を0.2人下回っており,これを二次医療圏毎にみると,最大の鹿児島医療圏と最小の曽於医療圏では8.2倍の格差が生じています。
  • また,小児人口1万人当たり小児科医数(令和2年)は,9.7人と全国平均を2.3人下回っており,これを二次医療圏毎にみると,最大の鹿児島医療圏と最小の曽於医療圏では4.3倍の格差が生じています。

二次医療圏

二次医療圏別医師数

診療科医師数

主な診療科医師数の推移(H16基準)

  • 令和2年の産科医数は,平成16年と比較して101.9パーセントとなっています。また,全国の増加率と比較すると8.3ポイント低くなっています。
  • 令和2年の小児科医数は,平成16年と比較して120.2パーセントとなっています。また,全国の増加率と比較すると2.4ポイント低くなっています。
  • 令和2年の麻酔科医数は,平成16年と比較して135.2パーセントとなっています。また,全国の増加率と比較すると25.5ポイント低くなっています。
  • 令和2年の外科医数は,平成16年と比較して97.3パーセントとなっています。また,全国の増加率と比較すると2.2ポイント低くなっています。

診療科偏在

性別医師数

  • 本県における女性医師数(令和2年)は,877人であり,平成30年と比較して103人増加しています。
  • 本県の全医師数に占める女性医師数の割合(令和2年)は,平成30年と比較して1.8ポイント増加しています。
  • 令和2年の女性医師数の割合を全国と比較すると,本県は,4.0ポイント低い18.8パーセントとなっています。

性別推移

年齢別医師数の推移

  • 本県の医師の平均年齢(令和2年)は,全国平均と比較して,2.2歳高くなっています。
  • 本県の30代以下の医師数(令和2年)は,平成16年と比較して89.4パーセントとなっていますが,最近は増加傾向となっています。また,全国と比較すると18.6ポイント,東京都と比較すると35.0ポイント,それぞれ低くなっています。

年齢階級別推移

30代以下推移

県内の1年目臨床研修医数

  • 令和4年度の本県における1年目の臨床研修医数は,100人であり,前年度より2人増加しています。
  • 本県における1年目の臨床研修医数は,平成16年度の新臨床研修制度の導入以降,減少していましたが,ここ数年は制度導入時の水準となっています。

研修医

協議会については,「鹿児島県初期臨床研修連絡協議会とは?」を参照。

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

くらし保健福祉部医師・看護人材課

電話番号:099-286-2653

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?