閉じる

  •  
 
 

閉じる

 
 

更新日:2021年2月24日

ここから本文です。

(2)適度な運動

「脳卒中」を予防しましょう!

 

「脳卒中警報」発令中!
~鹿児島県の脳卒中死亡率は全国平均の1.3倍です~
(標準化死亡比(SMR)は全国の1.1倍です)

鹿児島県では,人口10万人あたり全国平均の1.3倍もの方が毎年「脳卒中」で亡くなっています。脳卒中を予防して,健康寿命をのばしましょう!

今よりも1日1,000歩(10分間),できれば2,000歩(20分間)多く歩きましょう

~プラス10分ウォークで,脳卒中予防~

  • 運動不足は,食事でとったエネルギーを消費しきれず,肥満につながるのはもちろん,高血圧や糖尿病,脂質異常症なども引き起こし,脳卒中の危険性を高めます。
  • 運動習慣のない人は,ある人に比べて2.5倍も脳梗塞を発症しやすい」,「1日の歩行時間が1時間以上の人は,歩行時間が30分程度の人に比べて脳梗塞による死亡リスクが30%低くなる」などの報告があります。
  • 健康づくりのために望ましい身体活動量を歩数に換算すると1日あたり8,000~10,000歩になります。また,健康増進のための国の基本方針(健康日本21(第2次))では,1日あたり男性9,000歩以上,女性8,500歩以上を目標に掲げています。
  • これに対して,鹿児島県民の歩数は,1日あたり,20~64歳男性7,827歩,女性6,946歩で,約1,500歩不足しています。(平成31年度健康かごしま21中間評価報告書)
  • まずは,今よりも1日1,000歩,できれば2,000歩多く歩きましょう。
  • 通勤通学お昼のランチ買い物などちょっとした移動時間に10分間歩くと約1,000歩です。慣れてきたら徐々に歩数を増やしていきましょう
  • このほか,上下3階は階段を使う,お店の駐車場では遠いところに止める,外で子どもと遊ぶなど,「日常生活」の中で体を動かす工夫をすることが大切です。

 

 

 

 

フェイスブック公式ロゴ健康かごしま21Facebook(外部サイトへリンク)

←前へ目次へ次へ→

▲このページの先頭へ

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

くらし保健福祉部健康増進課

電話番号:099-286-2717

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?