更新日:2017年11月30日

ここから本文です。

その他の動物性自然毒について

有毒魚による食中毒にご注意を!

毒魚による代表的な食中毒には,フグ毒の他に,シガテラ毒やパリトキシン様毒による食中毒などがあります。次の点に注意をしましょう。

  • 種類がわからない魚,見慣れない魚や食経験のない魚を釣った場合は食べないでください。(漁業関係者や釣り業者などに確認してください。)
  • 体調が悪くなったら,すぐに医療機関を受診してください。

有毒魚による食中毒に注意!!(PDF:175KB)

シガテラ毒とは?

毒成分はシガトキシン。

シガトキシンは,海藻に付着する渦鞭毛藻(うずべんもうそう)と呼ばれる微細藻の一種によって生産され,食物連鎖によって,魚に蓄積されます。

シガトキシンのほとんどは脂溶性で,加熱調理しても毒性は失われません。加熱調理により毒成分は煮汁等に移行します。

どんな症状があるの?

主症状は神経症状であるドライアイスセンセーション(温度感覚の異常),掻痒,四肢の痛み,筋肉痛,関節痛,頭痛,めまい,脱力,排尿障害などもあります。また,消化器系症状(下痢,嘔吐,腹痛,悪心等)や循環器系症状(不整脈,血圧低下,徐脈等)も呈することがあります。神経症状は,軽症では1週間程度で治まりますが,重症な場合では数ヶ月から1年以上継続することがあります。死亡例は極めて稀です。

シガテラ毒を持つ可能性のある魚種

にフエダイ科フエダイ属のバラフエダイLutjanusbohar(図1),イッテンフエダイLutjanusmonostigma(図2),イトヒキフエダイ属のイトヒキフエダイSymphorusnematophorus,ハタ科バラハタ属のバラハタVariolalouti(図3),マハタ属のアカマダラハタEpinephelusfuscoguttatus,スジアラ属のオオアオノメアラPlectropomusareolatus,アズキハタ属のアズキハタAnyperodonleucogrammicus,イシダイ科イシダイ属のイシガキダイOplegnathuspunctatus(図4)、アジ科ブリ属のヒラマサSeriolalalandiなどがあります。
バラフエダイ イッテンフエダイ
図1バラフエダイ 図2イッテンフエダイ
バラハタ イシガキダイ
図3バラハタ 図4イシガキダイ

厚生労働省ホームページより

有毒魚による食中毒に注意(シガテラ)(PDF:386KB)

魚類:パリトキシン様毒

パリトキシン様毒とは?

藻に付着する渦鞭毛藻(うずべんもうそう)と呼ばれる微細藻の一種によって生産される毒素としてパリトキシンという物質が確認されてます。パリトキシン様毒は,このパリトキシンによく似た物質で,食物連鎖によって,魚に蓄積されると考えられています。

パリトキシン様毒は水溶性の物質で,加熱調理しても毒性は失われません。加熱調理により毒成分は煮汁等に移行すると考えられます。

どんな症状があるの?

潜伏時間はおおむね12時間~24時間と比較的長く,主な症状は,横紋筋融解に由来する筋肉痛,筋力低下,歩行困難,ミオグロビン尿症(黒褐色の排尿)などです。重症例では呼吸困難,腎障害などの症状を呈し,死に至ることもあります。回復には数日から数週間かかります。

パリトキシン様毒を持つ可能性のある魚種

ダイ科アオブダイ属のアオブダイScarusovifrons(図1),ハコフグ科ハコフグ属のハコフグOstracionimmaculatus(図2)である。その他,ブダイ科ブダイ属のブダイCalototomusjaponicus(図3),ハコフグ科コンゴウフグ属のウミスズメLactoriadiaphana(図4),ハタ科マハタ属の魚類(Epinephelussp.)も中毒原因魚の疑いがあります。

アオブダイ ハコフグ
図1アオブダイ 図2ハコフグ
ブダイ ウミスズメ
図3ブダイ 図4ウミスズメ

厚生労働省ホームページより

関連リンク

自然毒のリスクプロファイル(厚生労働省)(外部サイトへリンク)

よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

くらし保健福祉部生活衛生課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?