ホーム > 産業・労働 > 雇用・労働 > 関係法令 > 「働き方改革」関連法について

更新日:2020年1月8日

ここから本文です。

「働き方改革」関連法について

「働き方改革」は,働く方の置かれた個々の事情に応じ,多様な働き方を選択できる社会を実現し,働く人一人ひとりがより良い将来の展望を持てるようにすることを目指しています。

労働者がそれぞれの事情に応じた多様な働き方を選択できる社会を実現する働き方改革を総合的に推進するため,長時間労働の是正,多様で柔軟な働き方の実現,雇用形態にかかわらない公正な待遇の確保等のための措置を講ずる「働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律」が平成30年7月6日に公布され,平成31年4月1日から施行が開始されました。

主な内容

1時間労働の是正,多様で柔軟な働き方の実現等

働時間に関する制度の見直し
務間インターバル制度の普及促進等
業医・産業保健機能の強化

2用形態にかかわらない公正な待遇の確保

合理な待遇差を解消するための規定の整備
働者に対する待遇に関する説明義務の強化
政による履行確保措置及び裁判外紛争解決手続(行政ADR)の整備

関係法律

関連リンク

法律の詳細については,下記ホームページをご参照ください。
「働き方改革」,「36協定」,「年次有給休暇の時季指定」に関するリーフレットについては,下記ホームページからご確認ください。

厚生労働省ホームページ(外部サイトへリンク)(外部サイトへリンク)

き方改革支援ハンドブック(2019年9月改定版)については,下記からご参照ください。

き方改革支援ハンドブック(外部サイトへリンク)

 

よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

商工労働水産部雇用労政課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?