ホーム > 産業・労働 > 林業・水産業 > 水産業 > 水産物の消費拡大 > 鹿児島の水産物地域ブランド

更新日:2007年12月5日

ここから本文です。

鹿児島の水産物地域ブランド

鹿児島県では,各地域水産物のブランド化の支援を行っています。
 

あくねの華あじ

阿久根市沖で一本釣により漁獲されるマアジのうち,大きさが200グラム以上で,釣り上げてから出荷するまで,一切手を触れずに高品質を保ったものをいう。
体色が白く,脂の乗りが良く,甘味があるのが特徴。
 
(関係先:北さつま漁業協同組合 0996-72-1511)
あくねの華あじ

長島地ダコ

エサの豊富な八代海で育ったおいしいマダコを特産化。
 
(関係先:東町漁業協同組合 0996-86-1200)
長島地だこ

志布志のハモ

京都府を中心に殆どを県外出荷していたハモを,地産地消の観点から,骨切り加工し,地元の特産品としてPR。
地元の学校給食などにも取り入れられている。
 
(関係先:志布志漁業協同組合 0994-72-1011)
骨切りはも

萬サバ

まき網漁業で漁獲される200グラムほどの小型のサバを養殖し,活魚として付加価値を付け出荷。
 
(関係先:海峡お魚育成グループ 0996-88-3799)
萬サバ

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

商工労働水産部水産振興課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?