閉じる

  •  
 
 

閉じる

 
 

更新日:2018年5月16日

ここから本文です。

過去の建築工学科ブログ【H28年度下期】

最新記事

 無事修了を迎えました!

多くの方々に支えられ、無事修了の日を迎えました。修了生たちは緊張した面持ちで式に臨み、長友校長から修了証書を授与されました。また、知事賞を受賞した建築工学科の下陳君が修了生謝辞を述べました。式典後、2年間を一緒に過ごした先生方や仲間たちとの別れを惜しみながら、最後のホームルームを行いました。

築工学科11期生18名は、多くの思い出と未来への希望を胸に、最高の笑顔で学び舎を巣立っていきました。修了、本当におめでとう!

 体育倉庫完成!

建築工学科2年生と建築科が合同で行っていた体育倉庫の建て替え工事は,先日無事に完工し,引き渡しとなりました。限られた予算の中で,年度内完成を目指し取り組んできました。今後は,体育用具の保管倉庫として後輩たちが大切に使ってくれるものと思います。

事に携わった訓練生22名は,万感の思いを胸にいよいよ修了式を迎えます!

 企業説明会及び技能照査を実施しました!

2月某日、建築工学科1年生を対象に、県内最大の棟数実績を誇る住宅メーカーの企業説明会が行われました。創業以来、地元の木材を活用した住まいづくりを通じて、「鹿児島の気候風土にあった住まい」とはどうあるべきかを常に問い続け、家族みんなが健康で安心して暮らせる「住まい」の実現に取り組んでいる会社です。今年で創業69年を迎えるそうで、偶然にも本校が開校した1948年創業です。

日は採用担当者による企業説明のみならず、現役の棟梁5名による貴重な講話やディスカッションが行われました。訓練生はいつになく真剣な眼差しで棟梁たちの話しに聞き入り、家づくりの魅力や大工としての心構えを学びました。お忙しい中、貴重な時間を割いていただきありがとうございました。

また、修了を間近に控えた2年生を対象に技能水準を図るための技能照査が実施され、学科試験と実技試験が行われました。実技試験開始の笛が鳴ると1年生は先輩たちの姿を食い入るように見つめていました。合格した者には技能士補が与えられ、2級技能士の学科試験が免除されます。

 技能五輪鹿児島県予選が開催されました!

2月9日(木曜日)、建築大工職種の技能五輪鹿児島県大会が開催されました。この大会で優秀な成績をあげると若年技能者の技能レベルを競う第55回技能五輪全国大会に県代表選手として推薦されます。また、一定水準以上の成績を修めた人に技能証が交付され、2級技能士を受験する際に実技試験が免除されます。

建築工学科1年生は、これまでの集大成として毎年この時期に県大会に挑戦します。今年は全員合格を目標に年末から特訓を重ねてきました。また、全国大会での上位入賞を目指し、クラスの底上げを図るため例年以上の練習量を課しました。

当日は修了生や建築科(離転職コース)の訓練生も含めた23名が技を競い、ほぼ全員が標準時間内に完成させました。また、特訓の成果もあり、例年以上に出来映えの良い作品が並びました。合格発表は3月10日、全国大会推薦者決定は5月中旬の予定です。選手の皆さんお疲れさまでした。

 上棟を迎えました!

第3過程もいよいよ残り1ヶ月余りとなりました。建築工学科2年生と建築科が合同で行っている体育倉庫の建て替えは、構造材の加工を終え、建て方、屋根仕舞いを行いました。修了試験も間近に控える中、完成に向けてラストスパートです。

2

 訓練の様子を紹介します!

早いもので、第2過程の終業を迎えました。来たる2月9日の県予選に向けて2級技能検定課題に取り組んでいる1年生は、今年の全国大会の映像を見て年内の訓練を締めくくりました。年が明けると、特訓もいよいよ追い込みにかかります。冬休みは十分に英気を養ってください。

一方、体育倉庫の建て替えに着手した2年生は、小屋組の仮組を終えました。今回の体育倉庫は屋根裏を利用した開放的な収納スペースを設けるため、登り梁を採用しています。ロフトやグルニエ(屋根裏部屋)は、建築基準法において「小屋裏物置等」という扱いになり、天井高が1.4m以下で直下の階の2分の1の面積であれば、階数にもカウントされず、床面積にも算入しなくてよいため、近年人気の間取りです。

第3過程はいよいよ建て方が始まります。

 訓練の様子を紹介します!

CAD演習を終えた2年生は、昨年の台風15号で被害を受けた体育倉庫の建て替えに着手。手始めに、解体工事で瓦や野地板、板壁を取り外しました。20年前の訓練生が実習で建てた倉庫は老朽化が進んでいるため、基礎部分だけ残して全面建て替えます。工事の進捗状況を随時お伝えしていきます。!

また、小屋模型の土台部分を完成させた1年生は、いよいよ技能五輪県予選に向けて特訓を開始しました。1年生にとって、ここが正念場です。毎年この特訓で技能水準が飛躍的に向上します。今年は、修了生を含めた23名が全国大会の切符をかけて県予選に挑みます。県代表の座は誰の手に!

過去の記事

建築工学科の訓練内容について

詳しくは「建築工学科の訓練内容について」をご覧ください。

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

商工労働水産部宮之城高等技術専門校

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?