ホーム > 産業・労働 > 観光・特産品 > 明治維新150周年の取組 > 若手研究者育成事業研究成果報告書

更新日:2019年3月20日

ここから本文です。

若手研究者育成事業研究成果報告書

若手研究者育成事業について

鹿児島県では,明治維新期の薩摩藩に関する研究の深化を図るとともに,論文や研究成果発表会等を通じ,研究者や県民にも研究成果を還元することで,明治維新研究の更なる活性化を図ることを目的に,明治維新150周年若手研究者育成事業を平成28年度から実施してきました。
の事業で得られた成果(論文9本)を,「研究成果報告書」として取りまとめました。

若手トップ

研究成果報告書

■表紙,はじめに,巻頭言,目次(PDF:689KB)

論文

横書き

1「幕末薩摩藩の国事周旋と他藩対応~九州太宰府における五卿の警衛・応接・国事周旋を中心に~」(平成29年度)
■論文を読む(PDF:2,694KB)
日本経済大学経済学部
准教授川克幸
2「イギリス史料からみた幕末薩摩藩とイギリスとの関係」(平成29年度)
■論文を読む(PDF:2,427KB)
大島商船高等専門学校
准教授口由香

3「慶応期薩摩藩とイギリス政府・イギリス貿易商社との関係」(平成30年度)
■論文を読む(PDF:1,504KB)

長崎大学教育学部
准教授口由香
4「幕末期薩摩藩の洋学摂取と海防強化への実践」(平成30年度)
■論文を読む(PDF:3,314KB)
尚古集成館
学芸員内勇輝

縦書き

一「幕末期における島津分家の政治動向」(平成28年度)
■論文を読む(PDF:1,486KB)
仙巌園
学芸員川拓夫
二「幕末期薩摩藩の軍事力強化と諸郷・郷土」(平成28年度)
■論文を読む(PDF:1,955KB)
九州大学大学院
修士課程廣優貴
三「慶応期薩摩藩の軍制改革と諸郷衆中~英国式軍政への対応と財源模索~」(平成29年度)
■論文を読む(PDF:2,470KB)
九州大学大学院
修士課程廣優貴
四「薩摩藩の財政・経済政策と明治維新-御宝蔵格護金をめぐって」(平成28年度)
■論文を読む(PDF:1,403KB)
東京大学大学院
修士課程元啓介
五「安政期薩摩藩の財政と山産物仕法-日州御手山を中心に」(平成30年度)
■論文を読む(PDF:1,806KB)
東京大学大学院
修士課程元啓介

資料編

■ダウンロードはこちらより(PDF:475KB)

「若手研究者育成事業」補助金交付要綱

「若手研究者育成事業」審査委員名簿

「若手研究者育成事業」募集要項

「若手研究者育成事業」研究成果発表会

 

よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

PR・観光戦略部かごしまPR課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?