更新日:2015年12月2日

ここから本文です。

ふるさと認証食品(さつま揚げ)

製品の特徴

鹿児島の伝統食品である「さつま揚げ」を,鹿児島県民は「つけあげ」と呼びます。江戸時代の薩摩藩藩主島津斉彬公の時代に,魚のすり身を油で揚た琉球料理「チキアーギ」が,琉球との交易で伝わり,さらに改良考案されたものといわれています。
郷土の歴史とともに育まれ,受け継がれてきた鹿児島の「さつまあげ」です。
ふるさと認証食品の「さつま揚げ」は,鹿児島の伝統的な食品であることを「ふるさと認証食品(さつま揚げ)認証基準」に照らし合わせて審査・認証しています。(鹿児島県蒲鉾協同組合資料より)
さつまあげの製造工程

審査・認証機関

審査・認証機関名

所在地

連絡先電話

代表者

備考

鹿児島県蒲鉾協同組合

鹿児島市城南町37-2

099(222)0297

理事長村興一

担当

認証基準

ふるさと認証食品(さつま揚げ)認証基準(PDF:86KB)

 

よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

農政部食の安全推進課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?