ホーム > 産業・労働 > 食・農業 > 農産物 > > 「かごしま茶」未来創造プランを策定しました

更新日:2019年3月29日

ここから本文です。

「かごしま茶」未来創造プランを策定しました

県では,平成21年7月に「かごしま茶」産地力向上プランを策定し,プランに基づき,茶業の振興を図ってきたところです。

このたび,茶業を取り巻く現状や課題,これまでの取組の成果等を踏まえ,本県茶業の強みや潜在力(ポテンシャル)を生かし,「儲かる茶業経営」を実現するための基本的な方向性を示す指針として,「かごしま茶」未来創造プランを新たに策定しました。

本プランに基づき,生産体制の強化やニーズに対応した茶づくり等による付加価値向上,かごしま茶のさらなる需要拡大に向けた取組を進めてまいります。

「かごしま茶」未来創造プラン(平成31年3月策定)

「かごしま茶」未来創造プランの概要(PDF:213KB)
「かごしま茶」未来創造プラン(PDF:994KB)

【計画期間】
2019年度~2028年度の10年間

プラン策定の経緯

「かごしま茶」産地力向上プランの目標達成状況の検証

「品質・量ともに日本一の茶産地」の実現を目指し,平成21年度に策定した「かごしま茶」産地力向上プランの目標達成状況を検証しました。

項目

計画策定時

評価年度

平成19年度
(基準値)

平成30年度
(目標値)

平成30年度
(現況値)

達成状況

茶栽培面積

8,530ha

10,000ha

8,410ha

84%

荒茶生産量

24,100t

30,000t

28,100t

94%

農業産出額(生葉,荒茶の合計)

278億円

350億円

(注3)293億円

84%

持続可能な自立経営体の割合(注1)

16%

35%

(注4)25%

71%

仕上茶での流通割合

30%

35%

27%

77%

「かごしまの農林水産物認証」等取得状況(注2)

-

50%

(注5)65%

130%

(注1)販売農家数に対する5ha以上の農家割合,基準年は平成17年農業センサス
(注2)かごしまの農林水産物認証やISO,J-GAP等の第三者認証取得の茶工場割合
(注3)農業産出額:平成29年
(注4)農産園芸課調べ(5ha以上農家戸数割合489戸/1,935戸):平成29年度
(注5)農産園芸課調べ:平成30年9月末時点

有識者等への意見聴取

新たなプラン策定に向け,茶生産者や茶商,県議会等への意見聴取を行いました。

【主な意見等】
・生産現場においては,労働力確保が大きな課題となっている。
・単に面積・生産量を拡大する計画ではなく,ニーズに対応した茶づくり,コスト削減など,「儲かる茶業経営」に向けた取組が必要である。
・規模拡大や機械・施設の老朽化への対応が必要だが,設備投資への不安感が大きい。
・生産対策だけでなく,販売促進やブランド力向上等の取組を強化する必要がある。
・お茶の機能性を前面に出したPR活動の強化や若年層への消費喚起が必要である。

パブリック・コメントの実施

「かごしま茶」未来創造プラン(案)について,パブリック・コメントを実施し,県民の皆様から御意見をいただきました。

【募集期間】
平成30年12月19日(水曜日)~平成31年1月18日(金曜日)

【提出された意見の件数】
12件(意見提出者数:8人)

【意見の概要と県の考え方】
意見の概要と県の考え方(PDF:47KB)


「かごしま茶」未来創造プランの策定

有識者等からの意見及びパブリック・コメントで寄せられた意見を踏まえ,「かごしま茶」未来創造プランを策定しました。

 

 

よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

農政部農産園芸課

電話番号:099-286-3200

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?