ホーム > 地域振興局・支庁 > 地域の宝箱!~地域フォトライブラリ~ > 歴史の宝箱 > 今年はどんなお顔?「じめさあ」のお化粧直し

更新日:2012年12月10日

ここから本文です。

今年はどんなお顔?「じめさあ」のお化粧直し

現在の鹿児島市立美術館があるところは,明治25年から昭和12年まで,鹿児島市役所として使用されていて,鹿児島市によれば,昭和4年,当時の樺山可也(かばやまかなり)市長の時に,この石像が見つけられ,化粧を施したのが始まりなのだそうです。

「持明院」とは,およそ400年前の島津家18代当主家久の正夫人「亀寿」のことで,「じみょういんさま」が鹿児島訛りで,「じめさあ」と呼ばれるようになったとか。
じめさあは,器量には恵まれませんでしたが,人柄が良く,周りから尊敬されていたそうです。
 
そんな「じめさあ」を慕って,毎年,命日である10月5日に,鹿児島市広報課の女性職員が,じめさあをお参りし,お化粧をしています。
毎年,その年の流行や話題に沿ったお化粧に直されますが,今年は,「心優しく,幸せな家庭を築いた人柄がしのばれるよう,優しいシンプルな化粧」をコンセプトに,メイクしたそうです。
 
確かに,おちょぼ口と控えめなほお紅が,とても優しい雰囲気で,かわいらしいお顔だと思いませんか?
じめさあ化粧直しの様子

このページに関するお問い合わせ

鹿児島地域振興局総務企画部総務企画課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?