閉じる

  •  
 
 

閉じる

 
 

ホーム > 鹿児島インターネット放送局 ムーブ!かごしま > 1CH こんにちは。知事です! > 知事記者会見 > 本県の感染状況を受けた新型コロナウイルス感染拡大防止に向けた県民の皆さまへのお願い(令和3年5月3日)

更新日:2021年5月3日

ここから本文です。

本県の感染状況を受けた新型コロナウイルス感染拡大防止に向けた県民の皆さまへのお願い(令和3年5月3日)

ゴールデンウィークを迎えるに際して,新型コロナウイルス感染症防止対策として,4月23日に感染拡大地域との不要不急の往来自粛をお願いしましたが,実際には,多くの県外の方が来県されています。

ゴールデンウィークに入り,人の移動が活発化し,更に人との接触機会が増えていることなどに伴い,感染が急拡大しております。

鹿児島市や奄美市,知名町の接待を伴う飲食店などで相次いで,クラスターが発生したことなどにより,5月1日には,過去最多となる60人の新規感染者が確認されました。

変異株の感染者についても,直近の検査でも検査数の5割を超えるなど,増えてきております。

特に,離島でのクラスターの発生には,危機感を持っており,海上保安庁の多大なご協力のもと,本土の医療機関に搬送し,適切に対応しているところですが,その影響もあり,鹿児島市内の病床や宿泊療養施設での受け入れも増加しているところです。

直近の新規感染者数は,4月29日以降,30名程度の感染者数が2日間続いた後,5月1日は60名,昨日は42名,本日も40名を超える感染者が見込まれており,この5日間だけで,新規感染者は200名を超える見込みです。

病床の占有率はまだ2割に達しておらず,感染拡大の警戒基準におけるステージは,ステージⅡの段階にあると判断しておりますが,このままの状態が続けば,今後,それほどの時間をおかずに,本県の医療提供体制が逼迫することが予想されます。

また,変異株の影響もあり,本県でも年齢の若い方が重症化する傾向が認められており,特に,重症・中等症病床への負担が急増する可能性があります。

県としては,ステージⅡの段階であり,現時点では,飲食店の営業時間短縮など制限する状況にはないと考えておりますが,改めて,県外から来られた方も含めて,徹底した手洗いとマスクの着用,人と人との距離の確保など,5月9日までのゴールデンウィーク期間中における感染防止対策の徹底をお願いします。

特に,感染リスクを低減させる行動として,3密を避ける,会食を行う場合は,普段いる人と「少人数,短時間で開催する」,「県のステッカーを取得しているなど,感染防止対策を徹底している店舗を選び,店舗の取組に協力する」,「会話時はマスクを着用して,食べながらの会話を控える(黙食,静食に努める)」,接待を伴う飲食店でクラスターが発生したことを踏まえ,「深夜,長時間に及ぶ飲食を控える」など,感染拡大防止にご協力をお願いします。

また,発熱等の症状があるにもかかわらず,受診せずに勤務を継続し,感染拡大につながったと思われる事例も散見されますので,何らかの症状のある方は,出勤せずに,きちんと診察・検査を受けてくださるようお願いします。

高齢者施設や病院におかれては,基礎疾患のある方の感染防止のため,より一層の対策徹底をお願いします。

さらに,若い世代における感染拡大の傾向が全国的に見られていることから,飲食店に限らず,職場,部活,サークル活動など,クラスターの発生しやすい場での感染防止対策の徹底をお願いします。

感染拡大の状況を食い止めるためには,県民一丸となって,感染防止対策に取り組む必要がありますので,県民の皆さまや事業者の皆さまのご理解とご協力をお願いいたします。

1CH 新着情報

7月8日更新

新型コロナウイルス感染症の再拡大に伴う県民の皆様へのお願い

本県の新規の感染者数につきましては,7月に入ってから,前週の同じ曜日と比較して,300人以上多い状況が続いております。昨日は851人,本日も823人と,3日連続で800人台の新規感染者数が確認されております。

感染については,県内各地に拡がっており,年代別に見ますと,全ての年代で感染拡大が見られますが,引き続き,10歳未満や10歳代の子どもたち,その親世代となる30歳代や40歳代の感染の割合が多くなっております。

児童施設や学校等でのクラスターが多く確認されており,その要因は,体調不良時の登園・登校による感染拡大や,学校等における休み時間,あるいはプール等でのマスクなしでの会話,サークル活動の送迎時の車の中の換気の不足などによるものが多くなっていると聞いています。

感染が急増している要因としては,県内では,より感染が広がりやすいとされるオミクロン株の派生型のBA.5系統への置き換わりが進んでいることや,ワクチン3回目接種から一定の期間が経過した方の感染予防効果が減少してきていることなどの影響があるのではないかと考えております。

現在,病床使用率は,20パーセント台で推移しておりまして,7月6日現在,重症患者はいらっしゃらず,酸素投与が必要な中等症2の患者が14人となっており,医療提供体制が逼迫している状況にはないと考えております。

しかしながら,このまま新規感染者数の増加傾向が継続すると,高齢の感染者が増加し,重症者の増加や医療提供体制の逼迫も懸念されますので,改めて県民の皆様に特にお願いしたい点について申し上げます。

移動・外出についてですが,今後の3連休や夏休みの期間中,移動や外出の機会も多くなると思います。また,六月灯や夏祭りなど,イベント等で人が集まる機会も多くなると思います。

移動や外出に当たっては,体調管理をしっかりと行っていただき,喉の痛みや倦怠感など少しでも体調の異変を感じた場合には,外出・移動を控え,早めにかかりつけの病院等の地域の医療機関にご相談いただくようお願いいたします。

また,無症状であっても感染の不安のある方は,移動を控え,県の無料PCR検査等をご活用いただきたいと思います。

次に換気や熱中症予防についてですが,気温の高い日が続いております。屋内では,感染対策のための定期的な換気が重要です。クーラーを使用している際も定期的に窓を開けるなど,換気の徹底をお願いいたします。

屋外では,熱中症予防を優先して,近くに人のいない場合や会話を行わない場合は,マスクを外す一方で,屋内で会話をする場合などはマスクを着用するなど,場面に応じた正しいマスクの着用をお願いいたします。

ワクチンでございますが,3回目のワクチン接種につきましては,10代から40代の若年層の接種率が依然として低い状況となっております。
現在,新規感染者の約半数は,この若年層となっております。3回目のワクチン接種により,発症予防効果や重症化予防効果が回復するとされております。

また,重症化予防を目的とした,60歳以上や18歳以上で基礎疾患等を有する方を対象とした4回目接種も始まっています。

ご自身の健康を守るため,また高齢者の方や小さいお子さんへの感染予防として,ワクチンの接種を希望される方は,早めの接種をお願いいたします。


これから,友人や親戚,ご家族での会食の機会も増えると思います。
会食については,第三者認証店など,感染防止対策を徹底しているお店をご利用いただき,マスク会食などの感染リスクを下げる取組や,お店の感染防止の取組へのご協力をよろしくお願いいたします。

現在,全国的に急激な感染拡大の傾向が見られる中,本県においても,さらに感染が急拡大するのではないかとの危機感を持っております。

県民の皆様方お一人お一人の感染防止対策が,ご自身はもとより,ご家族や友人,また,地域を守り,今後の感染急拡大を防ぐことに繋がります。

改めて,本県の感染状況や感染防止対策についてご理解いただき,こまめな手洗いや手指消毒,換気の徹底,場面に応じた正しいマスクの着用など,基本的な感染防止対策を徹底し,強い警戒感をもって,「うつらない」,「うつさない」行動を心がけていただきたいと思います。

令和4年7月8日
鹿児島県知事
塩田康一

このページに関するお問い合わせ

総務部広報課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

RELATED LINKS関連リンク

  • 鹿児島県議会広報番組
  • MBCふるさとかごしま
  • ミエル!かごしま
  • 前原竜二の前向きチャンネル
  • ぐりぶーの県政お知らせ箱