ホーム > くらし・環境 > 税金 > 納税者の皆さまへ > 個人住民税の特別徴収の実施について

  • 許認可届出(様式提供)
  • 県の計画
  • 資格・検定・試験
  • 融資

ここから本文です。

更新日:2014年10月10日

個人住民税の特別徴収の実施について

鹿児島県及び県内すべての市町村は,平成27年度に,個人住民税の特別徴収の対象となる事業者の一斉指定を実施します。事業者の皆様には,特別徴収についてご理解いただき,適正な実施をお願いします。

特別徴収1

個人住民税の特別徴収とは

業者(給与支払者)が,所得税の源泉徴収と同様に,毎月,従業員に支払う給与から住民税(市町村民税+県民税)を徴収(天引き)し,各市町村に納入していただく制度です。

令上は,所得税の源泉徴収を行う事業者は,個人住民税の特別徴収義務者となっています。

一斉指定とは

れまでにも,市町村が個別に特別徴収実施を要請してきたところですが,平成25年10月に県及び県内全市町村が「個人住民税特別徴収の全県一斉指定」について決議しました。

れにより,県と全市町村が連携して個人住民税の特別徴収について,対象となるすべての事業者に実施してもらうことを目的とした取組を進めるものです。

斉指定により,市町村から特別徴収税額決定通知書が送付されます。事業者の皆さんは,この通知に基づき,個人住民税特別徴収義務者として,給与支給に当たっては,特別徴収額を給与から天引きし,市町村へ納入していただくことになります。

特別徴収2

今後の県,市町村の主な取組

平成26年7月以降 平成27年度一斉指定に係る周知・広報活動
平成26年10月~ 特別徴収していただく旨の連絡(事前予告通知)
平成26年11月~

給与支払報告書を提出いただくための諸準備
与支払報告総括表の送付(市町村→事業者)

平成27年1月 給与支払報告書の提出(事業者→市町村)
平成27年5月

特別徴収税額決定通知書の送付
(徴収していただく額を通知します。)

特別徴収による納税の仕組み

特別徴収3

特別徴収に関する主なご質問

 

特別徴収4

特別徴収5

特別徴収6

特別徴収7

特徴8

お問い合わせ先

参考資料

 

よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

総務部税務課

電話番号:099-286-2196

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る