ホーム > 県政情報 > 統計情報 > 分野別統計一覧 > 経済 > 社会生活基本調査 > 平成13年社会生活基本調査(生活行動に関する結果1)

更新日:2007年12月5日

ここから本文です。

平成13年社会生活基本調査(生活行動に関する結果1)

インターネット利用について

「インターネットの利用」の利用者率(10歳以上)は34.8%で,全国平均を11.6ポイント下回っている。種類別,男女別に比較しても全て全国を下回っている。
年齢階級別に利用者率を見ると,総数では15~24歳が最も高く,年齢が上がるに従って,利用者率は下がる傾向があるが,ホームページの開設・更新などの情報発信では,35~44歳の利用者率が高く,インターネットによる商品やサービスの予約・購入などでは,25~34歳の利用者率が高い。
種類別では,メール・チャットなどの情報交換が,どの年代においても最も利用者率が高くなっている。

ボランティア活動について

「ボランティア活動」の行動者率(10歳以上)は40.1%で,全国平均を11.2ポイント上回っており,種類別に見ても全ての活動で全国平均を上回っている。
平均行動日数との関連を見ると,「まちづくりのための活動」は行動者率が24.3%と最も高いが,平均行動日数は8.4日と比較的少ないのに対し,行動者率が9.1%の「高齢者を対象とした活動」が33.1日と最も多くなっている。

旅行・行楽について

「旅行・行楽」の行動者率(10歳以上)は71.5%で,全国平均を9.4ポイント下回っている。種類別に見ると,「国内への業務出張・研修・その他」だけが全国平均を上回っている。前回調査と比較すると「国内への観光旅行」と「海外への観光旅行」の行動者率が微増している。

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

総合政策部統計課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?