ホーム > 県政情報 > 統計情報 > 分野別統計一覧 > 経済 > 社会生活基本調査 > 平成13年社会生活基本調査(生活時間に関する結果1)

更新日:2007年12月5日

ここから本文です。

平成13年社会生活基本調査(生活時間に関する結果1)

1次活動について

1次活動は男性が10時間45分,女性が10時間46分で,平成8年と比較すると男性が2分増加し,女性が7分減少している。
行動の種類別に平成8年と比較すると,睡眠,身の回りの用事,食事の時間とも大きな変化はない。全国と比較すると睡眠が11分,食事が4分長く,身の回りの用事は3分短い。

2次活動について

2次活動は男性が6時間44分,女性が6時間56分で,平成8年と比較すると男性が21分,女性が20分減少している。全国と比較すると男性が11分,女性が8分短い。

ア仕事時間について

有業者について仕事時間をみると男性が6時間49分,女性が5時間18分で,平成8年と比較すると男性が25分,女性が15分の減少となっている。
曜日別に平成8年と比較すると,男性は全ての曜日で減少しており,特に土曜日は43分の減少となっている。女性は平日,土曜日は減少している反面,日曜日は7分増加している。
年齢階級別に平成8年と比較すると,男性では15~24歳で51分,55~64歳で41分の減少など,全ての年齢階級で減少している。女性では15~24歳で1時間17分,25~34歳で1時間9分減少しているが,55~64歳では41分,75歳以上では20分の増加となっている。

イ家事関連時間について

15歳以上について家事関連時間(家事,介護・看護,育児及び買い物の時間)をみると,男性が36分,女性が3時間31分で,平成8年と比較すると,男性は8分増加し,女性は10分減少している。男女間の差は2時間55分で前回の3時間13分と比較すると差が縮小しているものの,依然として大きな開きがある。
曜日別に平成8年と比較すると,男性は全ての曜日で増加しているが,女性は平日と日曜日で減少している。特に平日は13分減少している。
年齢階級別に平成8年と比較すると,男性では15~24歳で増減がなく,35~44歳で5分減少しているが,他の年齢階級では増加している。特に75歳以上は34分増加している。女性では25~64歳で減少しており,特に35~44歳では34分減少している。

3次活動について

3次活動は男性が6時間31分,女性が6時間18分で平成8年と比較すると,男性が19分,女性が28分増加している。全国と比較すると男性が6分短く,女性が3分長い。
行動の種類別にみると,男女ともに「テレビ・ラジオ・新聞・雑誌」「休養・くつろぎ」「趣味・娯楽」の活動時間が長くなっている。

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

総合政策部統計課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?