ホーム > 健康・福祉 > 健康・医療 > 難病・特定疾患 > 特定疾患患者の医療費の助成について

  • 許認可届出(様式提供)
  • 県の計画
  • 資格・検定・試験
  • 融資

ここから本文です。

更新日:2013年11月13日

特定疾患患者の医療費の助成について

特定疾患治療研究事業とは

難病のうち,国の指定する特定疾患については治療が極めて困難であり,その治療費も高額であるため,特定疾患に関する医療の確立・普及を図るとともに,患者の医療費の負担軽減を図ることを目的として行われている事業です。

申請要件

(1)医療保険に加入していること。

(2)鹿児島県に住民票があること。

(3)国が「特定疾患治療研究事業」の対象としている疾患であること。

新規申請の手続き

特定疾患に該当すると医療機関で診断された場合,申請をして,審査の結果,認定基準に該当すると判定されれば,医療費の助成を受けられます。
なお,認定有効期間の開始日は申請に必要な書類を提出していただいて,県難病相談・支援センター若しくは管轄保健所で受付した日となりますので,速やかに手続きされることをお勧めします。

医療受給者証

医療受給者証に記載された医療機関及び県と契約された院外薬局の窓口で,医療保険証と一緒に提示することで,下記に係る自己負担額の一部又は全部が公費負担になります。
また,県外に転出されたり,死亡されたりしたときは医療受給者証は返還していただきます。

(1)医療費

(2)入院時食事療養費

(3)訪問看護療養費

(4)介護保険法の規定による特定疾患に係る訪問看護,訪問リハビリテーション,居宅療養管理指導,介護療養施設サービス,介護予防訪問看護,介護予防訪問リハビリテーション,介護予防居宅療養管理指導

医療費

(1)全額公費負担

  • 難病のため日常生活に著しい支障があると認められる重症患者
  • スモン,プリオン病,難治性の肝炎のうち劇症肝炎,重症急性膵炎の患者
  • 一般患者でその生計中心者が低所得者(市町村民税非課税)の方

(2)一部自己負担

ただし,院外処方による薬局での保険調剤及び訪問看護については,一部負担額は生じません。

(3)特定疾患医療費支給申請書及び特定疾患医療費証明書

医療費の公費負担の条件

(1)対象疾患の範囲内であること。

  • 特定疾患医療受給者証に記載された疾患及び当該疾患に付随して発現する疾病に対する医療及び特定疾患治療研究事業の対象となる介護保険法の規定による医療系サービスのみ有効になります。(※特定疾患に起因しない病気の治療は対象外になります。)

(2)医療保険の範囲内であること。

  • 差額ベッド料等は対象外になります。

(3)医療機関における診療であること。

  • 特定疾患医療受給者証に記載された医療機関でのみ使用できます。
  • 介護老人保健施設,介護老人福祉施設は含まれません。

なお,医療機関については,鹿児島県と委託契約を結んでいる必要があります。医療機関契約を結ぶ際には,以下の「特定疾患治療研究事業契約医療機関調査票」を提出いただいた上で,以下の契約書様式により契約を締結します(契約書は両面コピーをしてお使いください)。

医療機関について,契約内容に変更がある場合には,以下の「特定疾患治療研究事業医療機関変更届」を提出いただく必要があります。

特定疾患治療研究事業契約医療機関調査票(PDF:7KB)

特定疾患治療研究事業委託契約書(第1号様式・H23年10月1日~)(PDF:12KB)

特定疾患治療研究事業医療機関変更届(H23年10月1日~)(PDF:8KB)

受給者証の記載内容の変更

医療機関,住所等に変更があれば県難病相談・支援センター若しくは管轄保健所に変更届を提出いただく必要があります。

変更届提出時に必要となる書類については,「特定疾患治療研究事業の対象一覧」のページを参照ください。

特定疾患医療受給者認定申請事項変更届(EXCEL:26KB)

特定疾患医療受給者認定申請事項変更届(PDF:79KB)

参考:受給者の高額療養費にかかる所得区分が確認できる書類(EXCEL:36KB)

新規申請時必要書類

一般申請

  1. 特定疾患医療受給者認定申請書
  2. 特定疾患治療意見書(疾患毎)
  3. 特定疾患治療意見書の研究利用についての同意書
  4. 世帯全員分の住民票・・・(市役所もしくは役場)
  5. 患者の生計中心者の所得税等を確認できる書類
  6. 保険証の写し
  7. 保健者からの情報提供に係る同意書
  8. 医療保険上の高額療養費に係る所得区分を確認できる書類

新規申請時必要書類(PDF:349KB)

重症申請

  1. 特定疾患医療受給者認定申請書
  2. 特定疾患治療意見書
  3. 特定疾患治療意見書の研究利用についての同意書
  4. 世帯全員の住民票
  5. 重症患者認定申請書
  6. 保険証の写し
  7. 保険者からの情報提供に係る同意書
  8. 医療保険上の高額療養費に係る所得区分を確認できる書類(別表6参照)
  9. 証明書類(*次のうちいずれかを添付)
  • 「診断書」
  • 「身体障害者手帳(1級・2級)の写し」
  • 「障害年金者手帳(1級)の写し」
    ※身体障害者手帳及び年金手帳の場合は,障害の原因が申請疾患によるものである場合に限る。

【一般・重症申請共通事項】
※疾患によっては,X線写真または内視鏡フィルムの添付が必要です。必要とする疾患は,下記の疾患です。

 

潰瘍性大腸炎,●クローン病,●後縦靱帯骨化症,●広範脊柱管狭窄症,●特発性大腿骨頭壊死症,●ビュルガー病,●黄色靱帯骨化症,●特発性間質性肺炎など

重症のみ申請の場合

  1. 重症患者認定申請書
  2. 証明書類(*次のうちいずれかを添付)
  • 「診断書」
  • 「身体障害者手帳(1級・2級)の写し」
  • 「障害年金者手帳(1級)の写し」
    ※身体障害者手帳及び年金手帳の場合は,障害の原因が申請疾患によるものである場合に限る。

認定日は,翌月の1日からになります。

生計中心者の考え方について

●「生計中心者」とは,次のような方です。

(1)自らの収入により生計を維持する患者本人

  • 自らが社会保険の被保険者(給与受給者)であり生計を維持している。
  • 年金等の収入で自ら生計を維持している。
  • 農業や自営業等により自ら生計を維持している。
(2)医療保険や税制で患者を扶養する者
  • 社会保険証で患者を扶養親族としている。
    ※国民健康保険については,世帯全員が被保険者であるため扶養事実は判断できない。
  • 源泉徴収票(年末調整後)で患者を扶養親族としている。
    ~ただし,子を夫婦で分けて扶養している場合などは扶養実態による。
  • 確定申告書で患者を扶養親族としている。
(3)医療保険や税制で患者を扶養する者ではないが,患者の生計を維持する者
  • 金銭面や生活面での扶養状況で判断する。
  • 世帯の中で必ずしも最多所得者とは限らない。
    ~患者を年金受給者の夫が扶養しているが,子の給与収入の方が多い場合など

 

「生計中心者」を選択するための書類

生計中心者は,申請者の申告に基づき決定することを原則とするが,その妥当性の確認のため,以下の書類の提出を求めるものとする。

  1. 世帯全員の住民票
  2. その他,必要に応じて適宜の証明,調書等

なお,生計中心者は,患者及び家族の就労,収入,扶養,その他の生活状況等を総合的に勘案するものとし,個別の事例に則して適切に処理する。

生計中心者の所得額・所得税額を確認するための書類(PDF:34KB)

新規申請時提出書類様式

新規申請時に提出が必要な書類の様式は下記のとおりです。

なお提出先は,県内各保健所,県難病相談・支援センターおよび鹿児島市保健所で受付をしています。

特定疾患医療受給者認定申請書,重症患者認定申請書,重症患者診断書,保険者からの情報提供に係る同意書,特定疾患治療意見書の研究利用についての同意書については,以下でダウンロードできます。

治療意見書は,難病情報センター(外部サイトへリンク)のホームページでダウンロードすることができます。

  • 治療意見書は疾患毎になっています。また,難病情報センターのホームページでは「臨床調査個人票」という名称になっています。
  • 臨床調査個人票のダウンロードについては,国の難病対策→特定疾患治療研究事業の概要→認定基準ダウンロードで,臨床調査個人票がダウンロードできるページへアクセスすることができます。

新規申請時必要書類(PDF:349KB)

特定疾患医療受給者認定申請書(第2号様式・H25年5月1日~)(PDF:87KB)

重症患者申請書(第3号様式)(PDF:70KB)

重症患者診断書(第5号様式)(PDF:74KB)

研究利用についての同意書(第8号-2様式)(PDF:30KB)

保険者からの情報提供に係る同意書(PDF:7KB)

★重症認定申請については,上記以外で,「重症申請のための証明書類」が必要です。

  • 診断書(様式第5号)
  • 身体障害者手帳(1・2級)の写し
  • 障害基礎年金証書(1級)の写しのいずれかが必要です。

重症患者認定基準表(PDF:1,048KB)

身体障害者手帳及び障害年金証書の場合は,障害の原因が特定疾患によるものに限ります。重症患者認定基準表をご参照ください。

転入時の提出書類・提出書類様式について

転入時に提出が必要な書類については以下の「転入時の必要書類」のとおりです。

なお提出先は,県内各保健所,県難病相談・支援センターおよび鹿児島市保健所で受付をしています。

転入時の必要書類,特定疾患医療受給者認定申請書(転入者用),保険者からの情報提供に係る同意書,参考:受給者の高額療養費に係る所得区分が確認できる書類については,以下でダウンロードできます。

転入時の必要書類(WORD:24KB)

特定疾患医療受給認定申請書(転入者用)(第10号様式)(EXCEL:31KB)

特定疾患医療受給認定申請書(転入者用)(第10号様式)(PDF:85KB)

保険者からの情報提供に係る同意書(PDF:7KB)

参考:受給者の高額療養費に係る所得区分が確認できる書類(EXCEL:36KB)

よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

保健福祉部難病相談・支援センター

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る