閉じる

  •  
 
 

閉じる

 
 

ホーム > 健康・福祉 > 医療 > 難病・特定疾患 > 難病指定医の指定の更新について

更新日:2021年4月1日

ここから本文です。

難病指定医の指定の更新について

指定医の指定の更新

難病指定医(専門医資格・研修)及び協力難病指定医は,指定医の指定を受けた日から5年を超えない日までの間に,更新を受けなければ,その期間の経過によって,その効力を失うこととなります(5年毎の更新が必要)。

更新対象者について

(1)専門医の資格を有する難病指定医のうち令和3年度中に有効期限の終了する医師

当該難病指定医は,指定の更新の申請を行う際に,専門医の資格を有していることが必要です。

(2)専門医の資格を有しない難病指定医及び協力難病指定医で令和3年度中に有効期限の終了する医師

指定医の指定を受けた日から5年を超えない日までの間に,難病指定医又は協力難病指定医の区分に応じて,県が行う研修(WEB研修)を受ける必要があります。

提出書類について

(1)専門医の資格を有する難病指定医

ア.指定医指定更新申請書(様式第5号)

指定医指定更新申請書(EXCEL:28KB)

イ.厚生労働大臣が定める認定機関が認定する専門医の認定証の写し(別表1)

(申請日に有効な専門医の資格を証明する書類)

厚生労働大臣が定める認定機関(PDF:102KB)

ウ.医籍登録番号及び登録年月日に変更がある場合は,変更後の医師免許証の写し

エ.専門医資格喪失の場合は,専門医資格を有しない難病指定医又は協力指定医として新規申請

(2)専門医の資格を有しない難病指定医及び協力難病指定医

ア.指定医指定更新申請書(様式第5号)

イ.医籍登録番号及び登録年月日に変更がある場合は,変更後の医師免許証の写し

難病指定医及び協力難病指定医の研修会受講状況(令和元年度1月までの本県での受講に限る)については事務局で確認します。

ウ.他県で,難病指定医及び協力難病指定医の研修会を受講されている場合は,受講証明書の写し(オンライン研修受講者は修了証の提出が必要)

(3)更新期間

各指定医の有効期限までに手続きをすること(有効期限当日までの消印有効)

留意事項

  • 更新手続きを行わなかった場合

「難病指定医」「協力難病指定医」ともに,指定の期間は5年です。

更新手続きを行わなかった場合,指定書に記載の有効期間をもって,指定は終了します。

このため,指定医の有効期限を過ぎると,その日以降,臨床調査個人票の作成はできません。

  • 変更の届出

申請内容に変更が生じた場合には,速やかに難病相談・支援センターに変更の届出を行ってください。

更新申請に合わせての変更は,変更申請を省略できます。

(届出が必要な事項)

氏名,連絡先,医籍登録番号,登録年月日,主として指定難病の診断を行う医療機関の名称及び所在地の変更

 

 

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

くらし保健福祉部難病相談・支援センター

電話番号:099-218-3134

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?