閉じる

  •  
 
 

閉じる

 
 

ホーム > 健康・福祉 > 衛生・動物愛護 > 生活衛生関係営業等 > 公衆浴場・旅館業・興行場 > 公衆浴場 > 公衆浴場等における入浴着を着用した入浴への理解の促進について

更新日:2023年2月21日

ここから本文です。

公衆浴場等における入浴着を着用した入浴への理解の促進について

入浴着を着用しての入浴について

衆浴場,旅館・ホテルの浴場,サウナなどでは,乳がん等の手術などによるあとが目立たないように,専用の入浴着を着用した入浴を希望される方がいらっしゃいます。
浴着を着用される方々も気兼ねなく入浴できるよう,入浴施設等の事業者,従業員や入浴施設を利用される皆さまのご理解とご配慮をお願いします。

厚生労働省ホームページ:https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000213520.html(外部サイトへリンク)

入浴着とは

がん等の手術などのあとを,周囲に対し気にすることなく入浴を楽しめるように開発された「入浴用肌着」のことです。

衛生面について

衣所などで着用し,浴槽に入る前には付着した石けん成分をよく洗い流すなど,清潔な状態で使用される場合は,衛生管理上の問題はありません。

入浴着を着用される方へ

浴着を着用されて入浴される際には,衛生面に気をつけて清潔な状態で使用しましょう。

 

厚労省ポスター

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




厚生労働省作成ポスター)

 

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

くらし保健福祉部生活衛生課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?