更新日:2020年11月12日

ここから本文です。

ミガシキ(ズイキ)

由来

栽培起源は不明だが,明治時代から継承栽培されている。
ミガシキは,みがしき群の代表的品種で一般には葉柄を利用するが,葉柄・いも兼用種もある。県内各地で古くから多くの家で栽培されてきた。

作物の特徴・特性

生育状況は,サトイモ・トイモガラと同じ。分けつ(根)繁殖旺盛なため,サトイモ・トイモガラ程長く伸びない。
ミガシキ

味や料理法

皮は剥かない
そのまま適当にきざみ味噌汁(醤油)。芋の部分は珍味。
蒸して酢味噌で食べる。
秋口にかんぴょうとして乾燥保存が可能。

青果・加工品等の入手方法

県内各地の直売所等
JAあいら営農センター(姶良西部)
オンリーワン,サンキュー(和田店,新栄店),タイヨー(花棚店,中山店他)

種子の入手方法など

芋の部分を畑に残す。
分けつ(根)旺盛のため自然繁殖,小さいものを移植しても良い。

栽培カレンダー

ミガシキ暦

その他(問い合わせ先など)

姶良町有機部会
かごしま無農薬野菜の会

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

農政部農産園芸課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?