ホーム > 社会基盤 > 建築 > 指導(建築・宅地開発) > 建築基準法 > 中間検査の実施について

更新日:2017年8月16日

ここから本文です。

中間検査の実施について

1建築物に関する中間検査について

建築基準法第7条の3の規程により,特定工程に係る工事を終えたときは,建築主事等の検査を申請する必要があります。

2中間検査が必要な建築物について

建築基準法第7条の3第1項第1号又は第2号により特定行政庁が指定する下記の工程において,中間検査を要する建築物及び工程は下記のとおりです。

対象建築物

検査の時期
用途
階数
面積
共同住宅
3以上
なし
2階の床及びこれを支持するはりに鉄筋を配置する工程(特定工程)を終えたとき
法別表第1(い)欄(1)~(4)の特殊建築物
(劇場,映画館,病院,診療所,ホテル,旅館,

学校,体育館,スポーツの練習場,物品販売業用店舗,飲食店などで共同住宅は含まない。)

延べ面積が
500平方メートルを

超えるもの

3検査の申請について

特定工程に係る工事を終えた日から4日以内に検査の申請を行ってください。

4鹿児島県建築物中間検査マニュアルについて

鹿児島県建築物中間検査マニュアル(平成29年8月31日まで)(PDF:2,891KB)

県においては,平成29年8月16日中間検査マニュアルを改定しております。

 

鹿児島県建築物中間検査マニュアル(平成29年9月1日から)(PDF:283KB)

よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

土木部建築課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?