ホーム > 地域振興局・支庁 > 地域の宝箱!~地域フォトライブラリ~ > 自然の宝箱 > 刻を忘れさせる島 十島村(中之島自然編)

更新日:2011年4月13日

ここから本文です。

刻を忘れさせる島 十島村(中之島自然編)

  十島村は屋久島と奄美大島の間に位置し,南北160キロメートルにおよぶトカラ列島に有人7島,無人5島の12の島々で構成されます。

トカラ馬が駆け,トカラ富士そびえる,雄大な島 中之島

  鹿児島港から「フェリーとしま」で約7時間40分,トカラ列島の北から2番目の有人島「中之島」の魅力について,今回はご紹介します。
 中之島は周囲31.8キロメートル,面積34.47平方キロメートル,人口141人(平成22年12月末現在)で,十島村の中で面積,人口ともに最大の島で村の中心的役割を担っています。
 島には,ソテツやビロウなどの木々が生い茂り,いたるところで野生のヤギと出会うことができます。島の中北部には,トカラ列島最高峰の御岳(標高979メートル)がそびえ,その美しい稜線から,「トカラ富士」と呼ばれています。
 また,御岳の麓の高原には鹿児島県天然記念物のトカラ馬が放牧され,ゆったりと草を食べる姿を見ることができます。
 
中之島マップ

中之島の大自然

中之島の自然1
中之島の自然2
 そのほかにも,様々な動物たちや自然と出会うことができます。皆様もぜひ十島村を訪れていただき,大自然を満喫していただければと思います。
 
中之島の森

このページに関するお問い合わせ

鹿児島地域振興局総務企画部総務企画課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?