ホーム > 地域振興局・支庁 > 鹿児島地域振興局 > 地域の宝箱!~地域フォトライブラリ~ > 自然の宝箱 > 湖面を彩る薄紫色のじゅうたん正円池(しょうえんのいけ)のホテイアオイを紹介します

更新日:2016年11月25日

ここから本文です。

湖面を彩る薄紫色のじゅうたん正円池(しょうえんのいけ)のホテイアオイを紹介します

日置市吹上町にある正円池(しょうえんのいけ)は,6月から7月上旬にかけて,鮮やかな薄紫色で埋め尽くされます。
その正体は水草の一種のホテイアオイ。ミズアオイ科の植物で,葉柄の部分が七福神の布袋様のお腹に似ていることから,その名が付けられたと言われています。
 
正円池の魅力は何と言っても,鮮やかな薄紫色に覆われる湖面と,日々変わるその姿です。
浮き草であるホテイアオイは,風に乗ってゆっくりと湖面を移動するため,一日として同じ景色を見ることはできません。
訪れるたびに変化している湖面の様子をみるのも,一つの魅力と言えるでしょう。
 
下記の写真は,平成23年6月22日(水曜日)に撮影した「正円池」の様子です。
 
<交通アクセス>
作バス停から2キロ。指宿スカイライン谷山インターチェンジから車で20分。
康交流館ゆーぷる吹上の北側,吹上浜公園の東側にあります。駐車場:約10台
 
正円池の様子
ホテイアオイのアップ写真

このページに関するお問い合わせ

鹿児島地域振興局総務企画部総務企画課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?