更新日:2018年9月3日

ここから本文です。

入来町の疱瘡踊

入来町の疱瘡踊は,疱瘡(天然痘)が流行したときに,ひどくならないように祈願するため,麓上,下集落を単位とした女性のみで,不定期に踊られてきた神事的な芸能です。疱瘡の神を討ち払うのではなく,神様を迎えて踊りで歓待し,神様の機嫌を取って速やかに他所へお越しを願う踊りです。現代は,種痘の普及によって,天然痘から解放されたため,祝賀行事等の踊りとして踊られています。少なくとも200年以上の歴史を持っています。
服装は,紋付の裾模様に丸帯,丸髷にゆった頭に紫の頭巾,白足袋草履を履きます。太鼓打ちは,帯を派手な蝶結びにして赤いたすきを掛け,陣笠を被っています。先頭には,「ゴヘイモチ」といって,左手に「天照皇大神宮」と書かれた,長さ5尺の大きな幣を肩に担いだ一人が先導します。御伊勢さんの大麻をつけ,紙の幣が垂れたものです。その他,三味線引きを加えた構成となっています。
1963(昭和38)年6月17日に,鹿児島県無形民俗文化財に指定されました。
 
 

公開日時

不定期
 

公開場所

祝賀行事等で踊られる(入来町浦之名39
 

開催風景

疱瘡踊り1
疱瘡踊り2
疱瘡踊練習風景

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

総務部文化スポーツ局文化振興課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?