ホーム > くらし・環境 > 消費生活 > 製品の安全 > 【消費者庁】自転車に関する消費者事故等の傾向について-乗車前の点検を確実に行いましょう!-

更新日:2021年6月21日

ここから本文です。

【消費者庁】自転車に関する消費者事故等の傾向について-乗車前の点検を確実に行いましょう!-

新型コロナウイルスを想定した「新しい生活様式」では,自転車の利用についても推奨されています。
さらに,「自転車通勤・通学の促進に関する当面の取組について」(令和2年6月18日自転車活用推進本部)では,企業・団体等における自転車通勤制度の導入の促進等の取組が挙げられています。
今後の自転車の利用機会の増加等の可能性を踏まえ,自転車に関する最近の消費者事故等の傾向を紹介するとともに,以下の点について注意を呼び掛けます。

詳細は下記の消費者庁ホームページをご覧ください。

注意していただきたいこと

  1. 乗車前には自転車に異常がないか点検しましょう。
    お使いの自転車及び付属品がリコール対象でないか確認し,対象であればすぐに使用を中止してください。

    ブレーキ,車輪,ペダルやチェーンの緩み,がたつきが大きな事故につながることがあります。
    乗る前に確認し,破損している部品がある,変な音がするなどの異常があれば販売店等に相談し,必要に応じて点検を受けましょう。
    また,ハンドルロック「一発二錠※2」のケースが破損している場合は,すぐに自転車の使用を中止してください。
    ブリヂストンサイクル株式会社が製造し,ブリジストンサイクル株式会社及びヤマハ発動機株式会社がそれぞれ販売したハンドルロック「一発二錠」を搭載した自動車・電動アシスト自転車において,ハンドルロックケースの破損などが原因で誤作動し,ハンドル操作ができなくなり転倒するなどの事故が発生しています。
    該当製品をお持ちの方で,ハンドルロックのケースが破損している場合は,すぐに自転車の使用を中止してください。
    既に,令和元年6月24日付けで消費者庁及び経済産業省から公表するとともに,両社からも無償点検・改修の案内がされていますが,改めて注意を呼び掛けます。
    ※2「一発二錠」とは,ハンドルロック(前錠)と後輪錠(サークロック)を組み合わせた錠前システムであり,後輪錠(サークロック)の施錠・開錠と連動してハンドルロック(前錠)も施錠・開錠します。
  2. 子どもを乗せる場合には足が車輪に巻き込まれないよう,自転車の荷台に乗せてはいけません。
    また,子どもを前に抱っこして自転車に乗らないでください。
    大人用の自転車の荷台に子どもを乗せて走行中に,車輪に子どもの足が巻き込まれ,骨折などのけがをする事故が発生しています。
    幼児用座席を使用する場合も,金属製の足乗せ部が度重なる使用により破損して同様の事故が発生し,リコールされている製品もあります※3
    お持ちの製品を確認してください。
    ※3消費者庁リコール情報サイト「ブリヂストンサイクル「自転車用後席幼児用座席(ロイヤルチャイルドシート,デラックスチャイルドシート他)」-交換(外部サイトへリンク)
  3. 「自転車安全利用五則」を守りましょう
    また,
    ヘルメットを着用するとともに,万が一の事故に備えて自転車損害賠償責任保険等に加入しましょう。
    ・自転車は,車道が原則,歩道は例外
    ・車道は左側を通行
    ・歩道は歩行者優先で,車道寄りを徐行
    ・安全ルールを守る
    ▶飲酒運転・二人乗り・並進の禁止
    ▶夜間はライトを点灯
    ▶交差点での信号遵守と一時停止・安全確認
    ・子どもはヘルメットを着用
    自転車乗車中に相手にけがをさせてしまった場合に備えて「自転車損害賠償責任保険等」へ忘れずに加入しましょう。
    また,自分自身のけがに備えて全ての世代でヘルメットを着用するとともに,「傷害保険」に加入しましょう。
    お住まいの地域によって,条例により自転車損害賠償責任保険等への加入が義務化されている地域があります。

消費者ホットライン

(局番無し)188
最寄りの消費生活相談窓口につながります。

 

 

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

総務部男女共同参画局くらし共生協働課消費者行政推進室

総務部男女共同参画局消費生活センター

消費生活相談は消費者ホットラインまで
(局番なし)188
身近な消費生活相談窓口につながります。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?