更新日:2017年3月25日

ここから本文です。

島津家久書状

〔個人蔵〕黎明館寄託

「島津家久書状(複製)」画像


天正14(1586)年,島津氏の豊後大友攻めの際,家久(義久・義弘の弟)が豊後の南郷城主入田宗和へ宛てた書状。この史料は,この戦いで先鋒をつとめた島津家久が豊後の南郷城主入田宗和に対して島津氏の大友氏攻めに加勢するように求めたものである。
大友氏は,島津氏の九州制覇のもくろみに最後まで抵抗した戦国大名。島津氏は,日向耳川(みみかわ)の戦いで大友氏に大打撃を与えたが,その後水俣(みなまた)の相良(さがら)氏,肥前の龍造寺(りゅうぞうじ)氏を破り,その勢いを得て天正14(1586)年に大友宗麟(そうりん)の本拠地府内に攻め入った。

展示に関する情報

現在展示してあります(複製)

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

歴史・美術センター黎明館総務課

電話番号:099-222-5100

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?