ホーム > くらし・環境 > 自然保護 > 野生生物保護 > 鳥獣保護 > 鳥インフルエンザ情報(野鳥関係)

更新日:2021年3月8日

ここから本文です。

鳥インフルエンザ情報(野鳥関係)

鳥インフルエンザ情報(随時更新)

【野鳥監視重点区域の解除】

  • 令和2年11月13日(金曜日),県内では4年ぶりとなる高病原性鳥インフルエンザウィルス(H5N8亜型)の検出を受け,環境省が指定する野鳥監視重点区域(回収地点から半径10km圏内)における野鳥の監視体制を強化してきましたが,令和3年2月10日(同日プレスリリース済み)に確定検査で「陽性」となった事例以降,新たな感染例等は確認されておりませんので,出水市及びさつま町において,これまでの検出を受けて指定された野鳥監視重点区域は,令和3年3月7日(日曜日)24時に解除されましたのでお知らせします。
    これにより,県内の野鳥監視重点区域は,すべて※解除となりました。
    令和3年3月8日プレスリリース(PDF:418KB)

野鳥監視重点区域は,回収日の翌日から30日目の24時に解除されることとなっていますが,指定区域の円が少しでも重なる場合は,原則として最後の区域が解除されるときに同時に解除されることとなっています。

【野鳥監視重点区域の解除】

  • 宮崎県西諸県郡高原町で回収された死亡野鳥(マガモ2羽)からの高病原性鳥インフルエンザウイルスの検出(野鳥国内35,36例目)を受けて,令和3年1月24日(日曜日)に環境省の野鳥監視重点区域(霧島市の一部を含む)に指定され,野鳥監視の強化をしてきたところですが,その後,野鳥の大量死等の異常は確認されなかったため,令和3年2月23日(火曜日)24時に当該区域が解除されましたのでお知らせします。
    令和3年2月24日プレスリリース(PDF:705KB)

【野鳥監視重点区域の解除】

  • 薩摩川内市の死亡野鳥における高病原性鳥インフルエンザウイルスの検出(県内野鳥17例目)を受け,令和3年1月17日(日曜日)に環境省により野鳥監視重点区域に指定され,野鳥監視の強化をしてきたところですが,その後,野鳥の大量死等の異常は確認されなかったため,令和3年2月15日(月曜日)24時に当該区域が解除されましたのでお知らせします。
    ※野鳥監視重点区域は,回収日の次の日から30日目の24時に解除されることとなっています。
    令和3年2月16日プレスリリース(PDF:335KB)

【36件目】

  • 令和3年2月5日(金曜日)に出水市(荒崎地区・東干拓地区)で回収され,簡易検査で陽性となったナベヅル2羽及びマナヅル1羽について,鹿児島大学において実施していた確定検査の結果,本日,「高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N8亜型)」が検出されました。
    令和3年2月10日プレスリリース(PDF:817KB)

【緊急調査結果】

  • 宮崎県西諸県郡高原町で回収された死亡野鳥(マガモ)からの高病原性鳥インフルエンザウイルスの検出を受けて,緊急調査を実施したところ,野鳥の大量死等の異常は確認されませんでした。
    【調査期間:令和3年2月1日(月曜日)(1日間)
    (令和3年2月9日プレスリリース)(PDF:666KB)

【35件目】

  • 令和3年2月3日(水曜日)に出水市荒崎地区で回収されたナベヅルの死亡個体1羽について,鹿児島大学において実施していた確定検査の結果,「高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N8亜型)」が検出されました。
    (令和3年2月8日プレスリリース)(PDF:700KB)

【34件目】

  • 令和3年2月5日(金曜日)に出水市(荒崎地区・東干拓地区)で回収されたナベヅルの衰弱個体2羽及びマナヅルの死亡個体1羽について,翌2月6日(土曜日),出水市において簡易検査を実施した結果,「A型鳥インフルエンザウイルス陽性」であることが確認されました。
    検体については,今後,鹿児島大学において高病原性鳥インフルエンザウイルスの確定検査を実施予定ですが,検査結果の判明まで1週間程度かかる見込みです。
    なお,確定検査の結果については,改めてプレスリリースを行います。
    (現時点において,病性は未確定であり,確定検査の結果,陰性となることもありますのでご留意ください。)
    (令和3年2月8日プレスリリース)(PDF:788KB)

【33件目】

【32件目】

  • 令和3年2月1日(月曜日)に薩摩郡さつま町で回収されたノスリ1羽の死亡個体について,鹿児島大学において実施していた確定検査の結果,「高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N8亜型)」が検出されました。
    (令和3年2月5日プレスリリース)(PDF:475KB)32・33件目は同時発表です

【31件目】

  • 令和3年2月3日(水曜日)に出水市荒崎地区で回収されたナベヅルの死亡個体1羽について,本日(4日),出水市で簡易検査を実施した結果,「A型鳥インフルエンザウイルス陽性」であることが確認されました。今後,鹿児島大学において高病原性鳥インフルエンザの確定検査を実施する予定ですが,結果の判明までに1週間程度かかる見込みです。
    なお,確定検査の結果については,改めてプレスリリースを行います。
    (現時点において,病性は未確定であり,確定検査の結果,陰性となることもありますのでご留意ください。)

【30件目】

  • 令和3年2月1日(月曜日)に薩摩郡さつま町で回収された死亡個体(ノスリ1羽)について,本日(2月2日),鹿児島大学で簡易検査を実施した結果,「A型鳥インフルエンザウイルス陽性」であることが確認されました。検体については,今後,鹿児島大学において高病原性鳥インフルエンザウイルスの確定検査を実施予定ですが,検査結果の判明まで1週間程度かかる見込みです。
    なお,現時点において,病性は未確定であり,確定検査の結果,陰性となることもありますのでご留意ください。
    (令和3年2月2日プレスリリース)(PDF:438KB)

【29件目】

【28件目】

  • 令和3年1月24日(日曜日)に宮崎県西諸県郡高原町で回収され,簡易検査で陽性及び陰性となったマガモの死亡個体について,鳥取大学において実施していた確定検査の結果,本日,「高病原性鳥インフルエンザウィルス(H5N8亜型)」が検出されました。
    (令和3年1月29日プレスリリース)(PDF:700KB)28・29件目は同時発表です

【27件目】

  • 令和3年1月19日(火曜日)に出水市で回収され簡易検査で陽性となったたナベヅル1羽の死亡個体について,鹿児島大学において実施していた確定検査の結果,「高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N8亜型)」が検出されました。
    (令和3年1月25日プレスリリース)(PDF:419KB)26・27件目は同時発表です

【26件目】

  • 薩摩川内市甑島で回収された死亡野鳥(マガモ1羽)からの高病原性鳥インフルエンザウイルスの検出を受けて,緊急調査を実施したところ,野鳥の大量死等の異常は確認されませんでした。
    【調査期間:令和3年1月21日(木曜日)から1月23日(土曜日)の3日間】
    (令和3年1月25日プレスリリース)(PDF:222KB)26・27件目は同時発表です

【25件目】

  • 令和3年1月24日(日曜日)に宮崎県西諸県郡高原町で回収されたマガモの死亡個体1羽について,本日(24日),簡易検査を実施した結果,「A型鳥インフルエンザウイルス陽性」であることが確認されました。今後,鳥取大学において高病原性鳥インフルエンザの確定検査を実施する予定ですが,結果の判明までに1週間程度かかる見込みです。
    なお,確定検査の結果については,改めてプレスリリースを行います。(現時点において,病性は未確定であり,確定検査の結果,陰性となることもありますのでご留意ください。)
    (令和3年1月24日プレスリリース)(PDF:630KB)

【24件目】

【23件目】

  • 令和3年1月16日(土曜日)に薩摩川内市甑島で回収されたマガモ1羽の死亡個体について,鹿児島大学において実施していた確定検査の結果,「高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N8亜型)」が検出されました。

【22件目】

  • 令和3年1月19日(火曜日)に出水市荒崎地区で回収されたナベヅルの死亡個体1羽について,本日(19日),出水市で簡易検査を実施した結果,「A型鳥インフルエンザウイルス陽性」であることが確認されました。今後,鹿児島大学において高病原性鳥インフルエンザの確定検査を実施する予定ですが,結果の判明までに1週間程度かかる見込みです。
    なお,確定検査の結果については,改めてプレスリリースを行います。
    (現時点において,病性は未確定であり,確定検査の結果,陰性となることもありますのでご留意ください。)

【21件目】

  • 令和3年1月16日(土曜日)に薩摩川内市甑島で回収された野鳥(マガモ)の死亡個体1羽について,本日(17日),鹿児島大学で遺伝子検査を実施した結果,「A型鳥インフルエンザウイルス陽性」であることが確認されました。
  • 検体については今後,鹿児島大学において高病原性鳥インフルエンザの確定検査を実施予定ですが,検査結果の判明まで1週間程度かかる見込みです。(現時点において,病性は未確定であり,確定検査の結果,陰性となることもありますのでご留意ください。)
    (令和3年1月17日プレスリリース)(PDF:1,506KB)

【20件目】

【19件目】

【緊急調査結果】

  • さつま町の養鶏場における高病原性鳥インフルエンザウイルス疑似患畜の確認を受けて,緊急調査を実施したところ,野鳥の大量死等の異常は確認されませんでした。
    【調査期間:令和3年1月13日(水曜日)から1月15日(金曜日)の3日間】
    (令和3年1月15日プレスリリース)(PDF:224KB)

【18件目】

【17件目】

【緊急調査結果】

  • 出水市で回収されたオシドリ1羽の衰弱個体における高病原性鳥インフルエンザウイルスの検出を受けて,緊急調査を実施したところ,野鳥の大量死等の異常は確認されませんでした。
    【調査期間:令和2年12月26日(土曜日)から12月28日(月曜日)の3日間】
    (令和2年12月28日プレスリリース)(PDF:867KB)

【16件目】

【15件目】

  • 令和2年12月22日(火曜日)に出水市で回収された野鳥(オシドリ)の衰弱個体1羽について,本日(25日),鹿児島大学で確定検査を実施した結果,「高病原性鳥インフルエンザウィルス(H5N8亜型)」が検出されました。
    (令和2年12月25日プレスリリース1)(PDF:360KB)

【14件目】

  • 令和2年12月22日(火曜日)に出水市で回収された野鳥(オシドリ)の衰弱個体1羽について,本日(23日),鹿児島大学で簡易検査を実施した結果,「A型鳥インフルエンザウイルス陽性」であることが確認されました。
  • 検体については今後,鹿児島大学において高病原性鳥インフルエンザの確定検査を実施予定ですが,検査結果の判明まで1週間程度かかる見込みです。(現時点において,病性は未確定であり,確定検査の結果,陰性となることもありますのでご留意ください。)
    (令和2年12月23日プレスリリース)(PDF:1,062KB)

【13件目】

  • 令和2年12月18日(金曜日)に出水市荒崎地区で回収された野鳥(オナガガモ)の死亡個体1羽の遺伝子検査の結果,「A型鳥インフルエンザウイルス陽性」であることが確認されましたが,鹿児島大学において確定検査を行ったところ,高病原性鳥インフルエンザは検出されません(陰性)でした。
    (令和2年12月22日プレスリリース2)(PDF:572KB)

【12件目】

  • 令和2年12月18日(金曜日)に出水市荒崎地区で回収された野鳥(ナベヅル)の死亡個体1羽の遺伝子検査の結果,「A型鳥インフルエンザウイルス陽性」であることが確認され,鹿児島大学において高病原性鳥インフルエンザの確定検査を行ったところ,「高病原性鳥インフルエンザウィルス(H5N8亜型)」が検出されました。
    (令和2年12月22日プレスリリース2)(PDF:977KB)
【11件目】

【10件目】

【9件目】

【8件目】

【7件目】

【6件目】

【緊急調査結果】

  • 出水市のツルのねぐら水及び野鳥糞便における高病原性鳥インフルエンザウイルスの検出を受けて,緊急調査を実施したところ,野鳥の大量死等の異常は確認されませんでした。
    なお,調査期間中,6羽の死亡野鳥が回収されましたが,検査の結果,高病原性鳥インフルエンザウィルスは検出されませんでした。
    【調査期間:令和2年11月14日(土曜日)から11月20日(金曜日)の7日間】
    (令和2年11月25日プレスリリース)(PDF:191KB)

【5件目】

【4件目】

  • 令和2年11月16日(月曜日)に出水市荒崎地区で回収された野鳥(スズガモ)の死亡個体1羽の遺伝子検査の結果,「A型鳥インフルエンザ陽性」であることが確認されましたが,鹿児島大学において確定検査を行ったところ,高病原性鳥インフルエンザは検出されません(陰性)でした。
    (令和2年11月24日プレスリリース2)(PDF:648KB)3・4件目は同時発表です

【3件目】

  • 令和2年11月15日(日曜日)に出水市荒崎地区で回収された野鳥(オナガガモ)の死亡個体1羽の遺伝子検査の結果,「A型鳥インフルエンザ陽性」であることが確認されましたが,鹿児島大学において確定検査を行ったところ,高病原性鳥インフルエンザは検出されません(陰性)でした。
    (令和2年11月24日プレスリリース2)(PDF:648KB)3・4件目は同時発表です。

【2件目】

【1件目】

 


環境省の野鳥監視重点区域の指定に伴い,採取地点の周辺10km圏内における野鳥の監視を強化します。

死亡野鳥等を見つけたら,管轄する地域振興局・支庁の林務水産課又は市町村の担当部局に情報提供をお願いします。

全国の野鳥における鳥インフルエンザ発生状況について

死亡した野鳥を見つけたら(県民の皆さまへ)

家きんでの対応

 

よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

環境林務部自然保護課

電話番号:099-286-2616

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?