ホーム > 産業・労働 > 観光・特産品 > 観光かごしま > 鹿児島県観光立県推進会議 > 令和元年度鹿児島県観光立県推進会議(第2回)の会議結果

更新日:2020年2月6日

ここから本文です。

令和元年度鹿児島県観光立県推進会議(第2回)の会議結果

1開催日時

令和2年1月29日(水曜日)15時00分~17時15分

2場所

県庁行政庁舎7階7-総-1会議室(鹿児島市鴨池新町10番1号)

3出席委員

50音順・敬称略

委員氏名 職名 備考
有村(ありむら)青子(はるこ) 指宿シーサイドホテル女将  
大石(おおいし)和弘(かずひろ) 九州旅客鉄道(株)鹿児島支社長  
ジェフリー・アイリッシュ 鹿児島国際大学経済学部教授  
島津(しまづ)公保(きみやす) 鹿児島県教育委員会委員  
中原(なかはら)國男(くにお) 鹿児島県観光誘致促進協議会会長 会長
新崎(にいざき)恭史(やすふみ) (株)日本政策投資銀行南九州支店長  
浜川(はまかわ)ゆかり 斯文堂株式会社出版事業部常務取締役  
原口(はらぐち)泉(いずみ) 志學館大学人間関係学部教授  
久留(ひさどめ)ひろみ NPO法人奄美食育食文化プロジェクト理事長  
山崎(やまざき)美智子(みちこ) 有限会社アイエス通訳システムズ代表取締役  
山元(やまもと)紀子(のりこ) バレルバレー・プラハ&GEN代表取締役社長  

計11名

4公開・非公開の別

公開

5傍聴者数

なし

6議題

  • 観光立県かごしま県民条例に基づく次期観光振興基本方針(案)について(諮問)

7審議結果等の概要

議題(基本方針案(諮問)について)

  • 基本方針の内容について,おおむね原案のとおり了承された。(2月3日に知事へ答申)

委員の主な意見

  • 基本目標の「観光地」を「観光王国」に変更し,「来て,見て,感動,世界を魅了する観光王国「KAGOSHIMA」」としてはどうか。
  • 数値目標は,過去最高の実績値となった平成30年を基準とし高く設定しており,敬意を表したい。
  • 方針案は,きめ細やかに目配りされた内容になっている。今後,どのように取り組むかが大事。常に高みを目指す姿勢が大事。
  • デジタルマーケティングについては,リピーター獲得の視点を持ち施策に生かすことが重要。
  • おもてなしについては,県民に主体的に取り組んでもらえるよう,その必要性を県民に伝える取組を行うことが大事。

 

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

PR・観光戦略部観光課

電話番号:099-286-2994

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?