ホーム > 産業・労働 > 観光・特産品 > 観光かごしま > 鹿児島県観光立県推進会議 > 令和元年度鹿児島県観光立県推進会議(第1回)の会議結果

更新日:2019年8月8日

ここから本文です。

令和元年度鹿児島県観光立県推進会議(第1回)の会議結果

1開催日時

令和元年7月30日(火曜日)10時00分~12時00分

2場所

県庁行政庁舎18階特別会議室(鹿児島市鴨池新町10番1号)

3出席委員

50音順・敬称略

委員氏名 職名 備考
有村(ありむら)青子(はるこ) 指宿シーサイドホテル女将  
加藤(かとう)潤(じゅん) 頴娃おこそ会観光リーダー  
門田(かどた)晶子(あきこ) 合同会社Go!KAGOSHIMA代表  
紙屋(かみや)久美子(くみこ) NPO法人eワーカーズかごしま理事長  
ジェフリー・アイリッシュ 鹿児島国際大学経済学部教授  
島津(しまづ)公保(きみやす) 鹿児島県教育委員会委員  
中原(なかはら)國男(くにお) 鹿児島県観光誘致促進協議会会長 会長
中村(なかむら)朋美(ともみ) Office中村朋美代表  
新崎(にいざき)恭史(やすふみ) (株)日本政策投資銀行南九州支店長  
浜本(はまもと)奈鼓(なこ) 環境教育NPO法人くすの木自然館代表理事 副会長
原口(はらぐち)泉(いずみ) 志學館大学人間関係学部教授  
久留(ひさどめ)ひろみ NPO法人奄美食育食文化プロジェクト理事長  
山崎(やまざき)美智子(みちこ) 有限会社アイエス通訳システムズ代表取締役  
山田(やまだ)桂一郞(けいいちろう) 観光カリスマ(国土交通省)  
山元(やまもと)紀子(のりこ) バレルバレー・プラハ&GEN代表取締役社長  

計15名

4公開・非公開の別

公開

5傍聴者数

なし

6議題

1本県の観光動向について

2観光立県かごしま県民条例に基づく第3期「基本方針」について

(1)「基本方針」策定の考え方及びスケジュール

(2)「基本方針」骨子(案)

7審議結果等の概要

委員の主な意見

  • 数値目標の「観光客の満足度」については,現在9割だが,さらに100%を目指すべきではないか。
  • 数値目標については,「観光消費額」を最上位の指標として置くべきではないか。
  • 骨子案は,これ以上付け足さない方がいいと思うくらい,よく網羅されていると思う。方針策定後に,どうやって具体的に実現していくかが課題。
  • 観光を産業として捉える視点は賛成。観光産業に携わる人のみならず一般県民を巻き込んでいけるような方針であって欲しい。
  • 外国人観光客は,国や地域によってニーズや消費行動が異なるため,受入体制は一括りせずに考える必要がある。

 

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

PR・観光戦略部観光課

電話番号:099-286-2994

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?