ホーム > 産業・労働 > 食・農業 > 農業者・経営 > 鹿児島県指導農業士会について

更新日:2017年6月8日

ここから本文です。

鹿児島県指導農業士会について

鹿児島県指導農業士会

優れた農業経営を実践し,青年農業者等の育成に対する熱意と指導力のある者を「指導農業士」として,県知事が認定します。県指導農業士会は,昭和59年に発足し,「次代の農業を担う新規就農者や青年農業者の確保・育成と農業・農村の振興に寄与する」ことを目的としています。

指導農業士会の主な活動

県指導農業士会に加入している指導農業士を現地就農トレーナーとして位置づけ,技術的・経営的に未熟な新規就農者や青年農業者等に対し,それぞれの作物の栽培技術や集落の慣習,農村での生活,農業経営者としての理念等について助言・指導を実施し,新規就農者や青年農業者等の定着を図ります。

  • 栽培技術や経営管理等に対する研修会での助言・指導
  • 現地就農トレーナーとしての個別指導等

会員数及び会員名簿

よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

農政部経営技術課

電話番号:099-286-3160

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?