ホーム > 産業・労働 > 食・農業 > 農業者・経営 > 農地中間管理機構を活用した農地集積・集約化の促進について

更新日:2020年5月22日

ここから本文です。

農地中間管理機構を活用した農地集積・集約化の促進について

農地集積をめぐる動向(国の動向)

平成25年12月に「農地中間管理事業の推進に関する法律」が成立し,今後10年間で,担い手が利用する農地面積(現状5割)を全農地の8割に拡大するため,都道府県ごとに1つ農地中間管理機構を設置することとされました。

 

農地中間管理機構とは

  1. 農地中間管理機構は,農地を貸したい人(出し手)から,規模拡大を志向する認定農業者など,農地の借受希望者(受け手)への農地集積・集約化を進めるための,「農地の中間的受け皿」となる組織です。
  2. 機構は,「農地中間管理事業の推進に関する法律」に基づき,都道府県に1つ設置されることとなり,鹿児島県では,公益財団法人鹿児島県地域振興公社を,「農地中間管理機構」として指定し,平成26年度から業務を開始しました。
  3. 機構は,地域内の農地を借受け,保全管理や必要に応じて条件整備を行いながら,担い手がまとまりのある形で農地を利用できるよう配慮して貸付けを行います。
  4. 農地の出し手(所有者)と受け手(担い手)との間に,営利を目的としない公的機関が介在するので,安心して農地の貸し借りが行えます。

 

農地中間管理事業の推進に関する基本方針(以下,「県基本方針」という。)

本基本方針は,「農地中間管理事業の推進に関する法律」の第3条に基づき,担い手が利用する農用地の面積の目標,農地中間管理事業の推進に関する基本的な方向等について定めるものです。

今回,農地中間管理事業の5年後見直しに伴う「農地中間管理事業の推進に関する法律」の改正等に伴い県基本方針を変更しました。

基本方針の内容

  1. 効率的かつ安定的な農業経営を営む者が利用する農用地の面積の目標
  2. 1以外の農地中間管理事業の推進により達成しようとする農用地の利用の効率化及び高度化の促進に関する目標
  3. 農地中間管理事業の推進に関する基本的な方向
  4. 農地中間管理事業の実施方法
  5. 農地中間管理事業に関する啓発普及
  6. 地方公共団体,農地中間管理機構,日本政策金融公庫等の連携及び協力
  7. その他

策定(変更)した基本方針はこちらから

農地中間管理事業の推進に関する基本方針(PDF:94KB)

 

農地中間管理事業実施に伴う事務手続き

主な事務手続き

  • 相談窓口業務
  • 貸出希望農地の把握
  • 機構による借受希望者の募集・公表
  • 貸出者と借受者のマッチング
  • 市町村による農地利用配分計画案の策定
  • 機構による農地中間管理権の取得(市町村公告)
  • 機構による農地利用配分計画の決定
  • 県による農地利用配分計画の審査,公告,認可

農地を貸したい人(出し手)

対象者

  • 農業経営をリタイアする人や規模縮小する人など
  • 相続した農地を貸したい人

手続き

農地を借りたい人(受け手)

対象者

  • 新たに農地を借りて規模拡大したい人
  • 利用権を交換して,分散した農地をまとめたい人
  • 新規就農者や農業への参入企業など

手続き

  • 農地中間管理機構又は,借り受けたい貸出農地が所在する市町村,農業委員会が窓口となっていますので,まずは相談の上,所定の申込書(→別ウィンドウが開きます。)(外部サイトへリンク)により,申し込みを行ってください。
  • 機構から農地を借り受けるためには,必ず借受希望者の募集に応募するとともに,公平性を期するため,応募の概要については一部公表されることが条件となります。

 

農地中間管理機構を活用するメリット

農地を貸したい人(出し手)

  • 地代の未納や遅れがなく,公的機関なので安心して農地の貸し出しができます。
  • 一定の要件を満たせば,機構集積協力金(地域集積協力金,経営転換協力金,耕作者集積協力金)による支援が受けられます。

農地を借りたい人(受け手)

  • まとまった農地を借りて,経営規模の拡大が図られます。
  • 機構が,それぞれの地権者に地代を支払うので,賃料の支払い事務の簡素化等が図られます。
  • 機構から農用地等を借り受けた認定農業者は,スーパーL資金が実質無利子となります。

機構集積協力金

地域に対する支援

  • 地域内の農地の一定割合以上を機構に貸付けた地域に対し,「地域集積協力金」を交付します。なお,交付に当たっては,別途要件があるので,個別に市町村等に相談してください。

個々の出し手に対する支援

  1. 経営転換(部門の減少)又はリタイア等のため,全農地を10年以上機構に貸付け,かつ,当該農地が機構から受け手に貸し付けられた農業者に対し,「経営転換協力金」を交付します。なお,交付に当たっては,別途要件があるので,個別に市町村等に相談してください。
  2. 耕作している農地を,まとまりをもって10年以上機構に貸付け,かつ,当該農地が機構から受け手に貸付けられた場合,農地の所有者又は耕作していた者に対し,「耕作者協力金」を交付します。なお,交付に当たっては,別途要件があるので,個別に市町村等に相談してください。

機構集積協力金の交付基準

機構集積協力金交付事業の内容等については,農地集積・集約化対策事業実施要綱の別記2に定められています。

また,同別記2の第10の4に基づき,本県の交付基準について,「平成30年度機構集積協力金の交付基準」を定めました。

平成30年度機構集積協力金の交付基準(PDF:65KB)

(参考)農地集積・集約化対策事業実施要綱(別記2)(PDF:3,246KB)

(参考)農地の出し手に対する支援(機構集積協力金)(PDF:211KB)

農地中間管理事事業の実施状況

1担い手への農地集積の状況

 

農地利用集積の状況(平成30年度末)(PDF:25KB)

2農地中間管理事業の実施状況

農地中間管理事業の実施状況(平成30年度実績)(PDF:28KB)

農地中間管理事業の実施状況(平成26~30年度の累計)(PDF:29KB)

 

人・農地プランの作成状況

耕作放棄地の状況

 

農用地利用配分計画の認可について

農用地利用配分計画の認可に関する公告(令和2年5月22日)

 

鹿児島県農地中間管理事業支援等基金に係る基本的事項の公表

 

その他

農地の貸付先の決定に当たっては,借受希望者のニーズや地域内での話し合いの結果を踏まえて,公平・適切に調整するとともに,地域農業との調和及び農業者の経営発展に支障を与えないようにします。
人・農地プランの話し合いの中で,機構を活用して,地域内の農地利用の再編を進めましょう。

よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

農政部農村振興課

電話番号:099-286-3109

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?