更新日:2012年12月10日

ここから本文です。

冠岳展望公園からの見晴らし

鹿児島県いちき串木野市の市街地から,北西の方向に「冠岳」(かんむりだけ)と呼ばれる場所があります。
 
その「冠岳」は,東岳,中岳,西岳の三つの峰からなり,西岳の中腹ぐらいに,「冠岳展望公園」があります。
 
そこには,全長6メートルもある「日本一の徐福像(じょふくぞう)」が建てられており,「冠岳」のシンボルとなっています。
 
ここからは,雄大に広がる東シナ海といちき串木野市街地を一望でき,南西方向には,薩摩半島最西端(南さつま市笠沙)などの素晴らしい景色を望むことができます。
 
この日は,水平線や南さつま市笠沙などが少しかすんで見えましたが,天気の良い日はどこまで見えるだろうと興味が沸きます。
 
また,「冠岳」には,由緒ある建物や自然が造り出した景観などが多くあり,「徐福ロマンロードウォーキング大会」,「徐福花冠祭」,「かんむり獄参り(かんむりだけ山市物産館)」といった様々なイベントも開催されていて,「いちき串木野市」を代表する観光スポットとなっています。
 
この「冠岳」で,自然を満喫し,徐福伝説に思いを馳せてみませんか。
 
 
徐福像の正面からの景色
徐福像からの南西の景色
徐福像と冠獄園の風景

このページに関するお問い合わせ

鹿児島地域振興局総務企画部総務企画課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?