更新日:2011年4月20日

ここから本文です。

中之島「御岳」からの見晴らし!!

 中之島がある十島村は,屋久島と奄美大島の間に点在し,トカラ列島と呼ばれ,南北約160キロに及ぶ「南北に長い村」です。
 北から口之島,中之島,平島,諏訪瀬島,悪石島,小宝島,宝島の有人7島と,臥蛇島,小臥蛇島,小島,上ノ根島,横当島の無人5島の合わせて12の島々で構成されています。
 今回は,中之島の中北部にそびえるトカラ列島最高峰の「御岳(979メートル)」を登山し,実際に体感した景色等を紹介します。
 
中之島港からの「御岳」

登山道入口

 中之島港から,車で20分ほど走ると「御岳」の8合目付近にある登山道入口に到着します。
 入口には,「山頂まで徒歩で約20分」と書かれた看板や竹の杖等が置いてあります。 
 入口(写真左)を抜けて少し歩くと,両脇を竹に囲まれた登山道(写真右)があります。
 
登山道入口と登山道

頂上付近からの景色

 登山道入口から山頂へ向けて歩いて行くと,これまで囲まれていた竹はなくなり,岩石と雑草が広がる風景へと変わります。
 約20分かけて山頂へ到着し,眼下を見下ろすと,中之島港はもちろん,水平線の彼方まで見渡せる景色が一面に広がります。
 この日は曇り空で霞んでいましたが,雲の隙間からの陽射しが海や山に注ぐ景色は神秘的でした。
 また,快晴の時には北に「口之島」,南に「諏訪之瀬島」,南西に「平島」を望むことができ,島々に向かう「フェリーとしま」の姿も確認できるかもしれませんよ。
 まさに,ここは,十島村ならではの「ビューポイント」です。
 
御岳から南方向の景色
日之出集落と西方向

「御岳」火口

 御岳は,「トカラ富士」の愛称にふさわしい美しい稜線の山です。その頂上からは,素晴らしい景色の他に,火口から噴煙が上がっているところを間近で見ることができます。
 まさに,ここは,大自然を体感できる中之島の「ビューポイント」,地域の宝だと思います。 
 
火口の様子

このページに関するお問い合わせ

鹿児島地域振興局総務企画部総務企画課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?