ホーム > 教育・文化・交流 > 文化・芸術 > 鹿児島県立博物館 > かごしまの天然記念物 > 国指定特別天然記念物一覧 > 喜入のリュウキュウコウガイ産地

ここから本文です。

更新日:2017年3月2日

喜入のリュウキュウコウガイ産地

国指定特別天然記念物

メヒルギ胎生種子

指定年月日

昭和27年3月29日

所在地

鹿児島市喜入生見(きいれぬくみ)町

概要

帯及び亜熱帯の波の穏やかな入り江や河口部には,メヒルギやオヒルギが優占するマングローブ林が発達しており,喜入生見町はその北限地として指定されました。メヒルギの果実は琉球のこうがい(かんざし)に似ていることから,リュウキュウコウガイとも呼ばれています。
実は細長く,枝についたまま発芽(胎生)して,落下すると泥に刺さってそのまま成長するか,潮に流されて遠くの海岸部まで運ばれていきます。
 

このページに関するお問い合わせ

 鹿児島県立博物館

電話番号:099-223-6050

〒892-0853
鹿児島市城山町1-1
FAX:099-223-6080
e-mail:kahaku1@pref.kagoshima.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?