ホーム > 教育・文化・交流 > 文化・芸術 > 鹿児島県立博物館 > かごしまの天然記念物 > 国指定特別天然記念物一覧 > 屋久島スギ原始林

ここから本文です。

更新日:2017年3月3日

屋久島スギ原始林

国指定特別天然記念物

屋久杉自生林

指定年月日

昭和29年3月20日

所在地

熊毛郡屋久島町

概要

久島は,九州最高峰の宮之浦岳(1,935m)をはじめ,1,000mを越す山々が連なって,洋上のアルプスともいわれています。亜熱帯性の植物が生える海岸地帯から,落葉広葉樹林帯や亜高山帯の植物が生える山頂付近までの豊かな植生があります。この中で,スギ原始林は海抜約700mから1,700mあたりに見られます。
久島では,樹齢1,000年以上のものをヤクスギ,それ以下のものをコスギ(小杉)と呼びます。「ひと月に35日雨が降る」と言われるほど多雨多湿な気候と,花こう岩を主とする土地には肥料分がとても少ないという過酷な環境に育つことから,ヤクスギは年輪が詰まって堅く,美しい木目があります。また,樹脂を多く含んでいるため腐りにくく,独特の強い香りがあります。
界的にも貴重な自然がある屋久島は,平成5(1993)年に「世界自然遺産」に登録されました。

このページに関するお問い合わせ

 鹿児島県立博物館

電話番号:099-223-6050

〒892-0853
鹿児島市城山町1-1
FAX:099-223-6080
e-mail:kahaku1@pref.kagoshima.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?