更新日:2017年9月1日

ここから本文です。

屋外展示物

  • 樋の間(てのま)二つ家
  • 田の神石像
  • 石敢當(せっかんとう)
「樋の間(てのま)二つ家」画像
樋の間(てのま)二つ家
 
姶良郡横川町下ノ赤水(現霧島市横川町)の海老ヶ迫(えびがさこ)家住宅を移築したもので,建築の時期は天保年間(1830~1840年)と伝えられています。二つの棟が「樋の間(てのま)」で連結されています。この種の民家は川内川流域から旧姶良郡一帯に見られます。

「田の神石像」画像

田の神石像
 
川薩地方にみられる神像型田の神の典型的なものです。
 

「石敢當」画像

石敢當
 
T字型の路の突き当たりには,魔除けの石である「石敢當(せっかんとう)」を建てた。このような習俗は中国から南島を経て伝播したといわれ,南九州や南島に多く見られる。この石敢當は出水市にあったものです。
 

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

歴史・美術センター黎明館学芸課

電話番号:099-222-5100

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?