ここから本文です。

縄文文化

1万3千年ほど前,弓矢で狩りをし,土器で食物を煮炊きする新しい生活が始まった。それからほぼ1万年間を縄文時代とよんでいる。

文時代は6期に区分されるが,草創期から早期の南九州の縄文文化は,多数の住居からなる集落遺跡や土器文化など,他の地域に先がけてめざましい発達がみられる。

の後,前期から中期にかけては遺跡数も少なく,やや停滞気味の様相を呈するが,後期になると再び文化の興隆をみるようになる。

文時代の人々は狩や木の実の採集,漁労などを営み,その生活は気候や植生のへんかに大きく左右されるものであった。南九州では古い時期には落葉広葉樹,その後,次第に照葉樹の森が広がり,その森や海の恵みをうけて,地域性豊かな文化の創造がなされた。

よくあるご質問

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?